フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

【変態タクシー】女性客の脚をガン見、〇〇を刺激した運転手を逮捕


タクシーの車内でワイセツ行為を行った運転手が逮捕されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


被害者の女性がその様子を携帯電話で撮影し、

フェイスブックに公開して100万回以上も再生され、

世間の注目を集めています。

女性によると運転手の男が、

自分の脚を頻繁に見ながら、

ズボンの上から股間を手で触れているのに気付き、

動画を撮影したということです。

女性はパサイ市のショッピングモールからタクシーに乗り、

バレンズエラ市に向かう途中でした。



女性はバレンズエラ市警察を訪れてタクシーのナンバーを報告し、

運転手の自宅を特定しました。

自宅に居た男の妻から居場所が判明して逮捕に至りました。

しかし運転手はお腹が痛くて擦っていただけだと容疑を否定しています。

'Viral' manyak na taxi driver, kalaboso

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

[ 2017/05/08 23:50 ] 悪徳タクシー | TB(-) | CM(-)

【セブ】タクシー運転手を逮捕、外国人女性に乱暴?事後に自宅まで送り届ける


セブ島マンダウエ市で、

外国人女性に乱暴したタクシー運転手が逮捕されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


警察によると逮捕されたのは39歳の男で、

28歳のフィリピン系豪人の女性を、

モーテルに連れ込んで乱暴した疑いがもたれています。

女性は日曜の午前3時ごろ、

市内フォーチュナ通りでタクシーに乗り、

自宅に向かうところでした。

しかし運転手は女性の自宅に向かわず、

モーテルにタクシーを走らせたというこです。

その後、運転手は女性を自宅まで送り、

女性は昼まで睡眠をとったあと両親に相談し警察に通報しました。

警察は直ちにモーテルに警官を派遣し、

防犯カメラの映像からタクシーを特定。

被害者女性が逮捕された運転手を犯人と特定しました。

しかし運転手の男は容疑を否定しており、

女性が休憩するためにモーテルに行くことを求めたと主張しています。

Fil-Australian woman accuses cab driver

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

[ 2017/04/30 23:50 ] 悪徳タクシー | TB(-) | CM(-)

乗車拒否タクシーへの制裁強化、「乗る前に目的地を尋ねないで」、当局が呼び掛け


多くの利用客が文句を言いながらも、

依然として横行するタクシーの乗車拒否に対し、

陸運局が対応を検討しているようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


このほど陸上交通許認可規制委員会(LTFRB)は、

乗車拒否したタクシー運転手への罰金を、

1万ペソ追加する方針を示しています。

これまで乗車拒否への罰金は5千ペソのみでした。

「利用客は空港に到着した時点で疲れている」

「にも関わらずタクシーが乗車拒否したらどう感じますか?」

とLTFRB当局者は語り、

特にマニラ国際空港で横行する乗車拒否が、

国のイメージを低下させていると懸念を表明しています。

LTFRBの方針に利用客や善良な運転手からは、

歓迎の声が上がっています。

またLTFRB当局者はタクシーに乗り込む前に、

乗客が目的地を告げることが慣行となっていますが、

これが運転手に乗車拒否のきっかけを与えていると指摘。

「まず乗り込んでから目的地を言うように」と、

利用客に呼びかけています。

LTFRB to add 10K fine to choosy taxi drivers

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

[ 2017/04/22 23:50 ] 悪徳タクシー | TB(-) | CM(-)

女性を襲ったタクシー運転手を逮捕、大学の敷地で乱暴を試みる


マニラ首都圏ケソン市の大学構内で、

女性を襲ったタクシー運転手が逮捕されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


逮捕されたのは35歳のタクシー運転手です。

ケソン市警察の調べによると、

事件があったのは2月3日夜で、

被害者の女性がUPアヤラランド・テクノロジーハブから、

マザー・イグレシア通りに向かうために、

容疑者が運転するタクシーに乗りました。

しかしタクシーは急にUターンして目的地に向かわず、

近くにあるフィリピン大学の構内に向かいました。

そして暗がりにタクシーを停車させると、

刃物で女性を脅して強盗を宣言。

運転手はさらに女性を乱暴しようとして、

女性は刺し傷を負いました。

このとき現場を通りかかったバランガイ自警団が女性を救出し、

運転手は逃走しましたが、

タクシーのナンバーから運転手の身元が特定されました。

容疑者はまだショック状態の女性と、

バランガイ自警団によって犯人であることを確認されました。

Cabbie nabbed for robbery, inside UP campus

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

[ 2017/02/27 23:50 ] 悪徳タクシー | TB(-) | CM(-)

「キロキロ・タクシー」を摘発、違法タクシーでボッタクリ、空港利用客を狙う


このほどマニラ国際空港公団は、

違法タクシーの運転手を逮捕したことを明らかにしました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


2月1日に逮捕されたのは34歳の運転手で、

利用客に1キロあたり300ペソという法外な運賃を要求していました。

運転手はこの「キロキロ」と呼ばれる手口を、

約1年ほど続けていたことを認めています。

犯行に使用したタクシーは、

営業許可を得ていない違法タクシーであることも分かっています。

27歳の男性がフェイスブックに被害を投稿し、

違法タクシーの犯行が発覚しました。

それによるとタクシーのメーターが、

44ペソで止まったままだったので、

運賃を聞いたところ運転手は1キロ300ペソと返答しました。

そしてもし支払えないならタクシーを降りるよう言われましたが、

ドアはロックされて開かないようになっており、

男性は逃げるためにATMでお現金を降ろすと運転手に伝えました。

運転手は警備員がいるATMを避け、

マカティ市内の暗い場所に孤立したATMで男性を降ろしました。

男性はタクシーの写真を撮影したあと、

現場から逃走することに成功しました。

空港当局はほかの被害者に名乗り出るよう呼び掛けています。

逮捕された運転手は強盗の罪に問われる見通しです。

P300 per kilometer?! Cabbie charging ‘kilo-kilo’ fare nabbed

==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

[ 2017/02/05 23:50 ] 悪徳タクシー | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: