フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

完成間近のコンド、景観問題で取壊し危機、部屋はほぼ完売


マニラ市で建設中のコンドミニアムが、

リサール公園の景観を破壊しているとして、

建設停止処分を受け取り壊しの危機に瀕しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


問題となっているのはDMCIによって、

マニラ市内で建設が進められてきた「Torre de Manila」で、

国家行事なども行われる「リサール・モニュメント」の背後に、

角度によっては大きく写りこむことから、

建設当初から批判の声があがっていました。

46階建てのコンドミニアムは、

2017年に引渡しが行われる予定で、

部屋の90%は販売が成立していますが、

6月になって最高裁が建設停止を命じました。

tmanila1.jpg

これによりユニットの購入者だけでなく、

建設に携わる約2千人の作業員が、

失業するなどの影響も出おり、

社会的に注目を集める結果となっています。

さらに下院議会のマニラ首都圏開発委員会は、

DMCIに対し最高裁の判断を待たずに、

自主的に取り壊しをするよう求めています。

一部の下院議員はパリのエッフェル塔や、

インドのタージマハールなどの歴史的建築物を例に、

コンドミニアムの建設が「国家の恥」だと述べ、

取り壊しが最善の判断だと強調しました。

問題となっているTorre de Manilaの建設許可を巡っては、

マニラ市の前市長のリム氏と、

現市長のエストラダ氏の責任の擦り付け合が続いており、

最高裁が2人を召喚して聴聞会が開かれる予定です。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

==========================

フィリピンらしいグダグダぶりですね。

ちゃんと許可をもらって建設が始まったのだと思いますが、

こうなることは予期できなかったのでしょうか?

地図上でみればこういう景観になることは明らかなんですが、

誰もこうなるまで指摘しなかったのが驚きです。

まだ取り壊しになるかは分からないようですが、

ちゃんと購入者には払い戻しされるのかが気になりますね。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2015/06/25 11:00 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)

ホテルで倒れている日本人を発見、チャット友達に会う目的果たせず


現地の報道によると、

マニラ市内にあるホテルで、

日本人男性が倒れているのが発見されたそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


土曜日の午前5時30分ごろ、

エルミタ地区にあるSilver Oak Hotelの部屋で

観光で訪れていた64歳の日本人男性が、
http://internet.blogmura.com/facebook/

倒れているのが発見されました。

ホテル関係者によると、

男性は日本から訪れたばかりで、

ネットで予約した部屋に、

午後4時38分にチェックインしました。

そして男性は部屋に荷物を置いたあと、

近くのレストランに食事に行き、

午後5時15分ごろホテルに戻って来ましたが、

この時点で歩行が困難になっており、

ロビーにあるソファーに倒れこむように座ったそうです。

ホテル従業員が病院に行くかどうか尋ねましたが、

男性は大丈夫だと返答し、

自分の部屋に連れて行くよう頼みました。

その後、ホテル従業員が部屋に電話しましたが、

応答がなかったことから、

マスターキーを使って部屋を確認したところ、

ベッド近くの床で倒れている男性を発見しました。

部屋からは複数の糖尿病の薬が発見されたそうです。

警察の調べによると、

男性はカビテ州イムスに住む、

チャット友達に会うためにフィリピンを訪れていました。

journal.com.ph:Japanese found dead in hotel room

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

=========================

持病が悪化して手遅れになったのかもしれません。

気候や疲労など環境の変化が影響したのかもしれませんね。

旅先での健康管理は重要です。

わざわざ知り合いに会い来たにもかからず、

残念な結果となってしまいました。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2015/06/24 23:50 ] 邦人関係 | TB(-) | CM(-)

【朗報?】空港タクシーにGPSとカード支払い端末の設置を義務付け


マニラ国際空港で運行が認可されるタクシーの条件が変更されたそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


このほどフィリピンの運輸通信省は、

これまで空港タクシーに義務付けられていた、

液化石油ガス(LPG)の使用を撤廃しました。

これにより業者の空港タクシーへの参入が簡単となり、

空港におけるタクシー不足の解消が期待されます。

この変更はすでに先月から有効となっています。

現在、空港が認可しているタクシーは615台が運行していますが、

LPGの供給施設が少ないなどの問題を抱えていました。

LPGを撤廃する一方で、

空港タクシーには車両の位置を特定し、

スマートフォンでの予約を可能にする、

全地球測位システム(GPS)と、

クレジットカードで支払いを行う端末の設置が義務付けられました。

現在、マニラ国際空港では、

タクシー不足に対応するためラッシュ時間に限定して、

未認可の一般タクシーの乗り入れを許可しています。

inquirer:NAIA taxis no longer required to run on LPG

=============================

空港タクシーのLPG使用はナンセンスの極みでした。

トランク内に大きなタンクを置く必要があるので、

荷物を置くスペースが少なくなります。

大きな荷物が多い客を乗せる空港タクシーには、

まったく相応しくない条件でした。

GPSに関しては大げさなものではなく、

単にグラブ・タクシーやウーバーのように、

アプリをインストールしたスマホを運転手に持たせるという話のようです。

専用のアプリを開発するのか、

既存のものを使うのかは不明のようです。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2015/06/24 11:00 ] マニラ国際空港 | TB(-) | CM(-)

マニラ空港の警備員が女性に100ペソ要求、日焼け止めにイチャモン


楽しいバケーションもちょっとしたトラブルで、

気分が台無しになることも多いですが、

出発直前のマニラ空港で警備員に恐喝された、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


観光客の経験がフェイスブックで話題となっています。

苦情を訴えているのは、

国内線用のターミナル4を利用して、

ボラカイに向かう2人組の女性で、

6月17日朝の出来事だったそうです。

女性は同行者の日本人女性と一緒に空港を訪れ、

飛行機に乗るための持ち物検査を受けたところ、

警備員にバッグに入っている日焼け止めを指摘され、

機内に持ち込むことはできないと言われたそうです。

しかし納得できない女性が問いただしたところ、

警備員はいくらかお金をよこすよう要求。

「バッグの中にお金を入れろ。そうしたらそれを持ち込める」と、

警備員は話したそうです。

さらに警備員は「この取引は監視カメラにも記録されいない」と指摘し、

女性が20ペソを渡そうとすると、

「俺の朝食のために100ペソだ」と追加を要求しました。

女性は出発の時間が迫っていたため、

空港に苦情を言いませんでしたが、

警備員の写真を撮影しフェイスブックで、

注意を呼びかけることにしました。

フェイスブック:クリスティ アップル

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

===============================

最近はかなりマシになってきているという話しもありますが、

国内線用のターミナル4は、

依然としてこんな有様のようです。

日焼け止めを破棄して買い直したほうがいいような気もしますが、

写真をみると日本製のようで、

現地では入手できない物のようです。

ここらへんの弱みを突いて、

同じようなことを繰り返している可能性もありそうです。

みなさんもご注意を。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2015/06/23 23:50 ] マニラ国際空港 | TB(-) | CM(-)

スービックの動物園に珍獣「ライガー」と「タイゴン」がお目見え


スービック自由港にある動物園に、

珍しい動物たちがお目見えしたようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


このほど「ズービック・サファリ」動物園に、

ライオンとトラの間に生まれた、

雑種動物の「ライガー」と「タイゴン」が、

アラブ首長国連邦から輸入されました。

ライガーはライオンの母親とトラの父親から生まれた雑種で、

タイゴンはその逆となっています。

動物園の説明によると、

ライガーは体重が800キロから1トンに達することもあり、

タイゴンは500キロから800キロに成長するそうで、

いずれもライオンやトラよりもかなり大型化します。

これらの動物はアラブ首長国連邦の匿名の族長から寄付されたものです。

数年前には同じ人物からペアのライオンが寄付されています。

philstar.com:Subic theme park gets ‘ligers, tigons’



==============================

ズービックは鉄柵に囲まれたバスに乗って、

トラの群れを間近でみることができる、

アトラクション型の動物園です。

トラと一緒に記念写真も撮れたりします。

でもライガーとタイゴンは、

動物にあまり興味の無いフィリピン人には関心が薄いかもしれません。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2015/06/23 11:00 ] おもしろニュース | TB(-) | CM(-)

韓国人が謎の失踪、偽のツアーガイドが関与か


セブ島で韓国人が謎の失踪をして警察が行方を探しているそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


先週の日曜日に行方不明になったのは、

土地の購入を予定していた、

ラプラプ市在住の韓国人男性で、

通報を受けた警察が彼の行方を探しています。

しかし警察は捜査の詳しい内容を明かすことを拒否しています。

通報した54歳の男性は、

メディアのインタビューに対し、

韓国人男性はバランガイ・マンタロンゴンで、

22歳の妻と待ち合わせをしていました。

そして主体不明のツアーガイドが運転を申し出たあとに、

行方不明になったということです。

韓国人男性の妻はマンタロンゴンにある、

通報者の親戚の家に1週間ほど滞在していました。

韓国人男性は妻のところに車を運転して向かっており、

妻と携帯電話で連絡を取り合っていました。

しかし場所がよく分からず道に迷ったため、

妻は韓国人男性に帰宅するように指示しました。

その後、韓国人男性は、

正体不明の人物にマンタロンゴンまで、

運転してもらうと妻に連絡。

そして「彼の運転がとても速い」と、

妻にメッセージを送ったあとの行方不明となりました。

現地のツアーガイド団体は、

認定を受けていないガイドが横行しており、

多くの苦情が寄せられていると注意を呼びかけています。

sunstar:Korean headed to town missing

==============================

身代金目的の誘拐事件でもないようですし、

突発的な強盗かなにかでしょうか?

旅先で起きているので計画的な犯行ではなさそうですね。

初対面の人に運転を頼むこと事態がちょっと考えられないですが、

知らない土地でかなり困っていたのかもしれません。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2015/06/22 23:50 ] 治安関係 | TB(-) | CM(-)

新しいナンバープレートに批判殺到、強度不足、意味不明のバーコード


フィリピンの陸運局(LTO)が新しく導入したナンバープレートが、

不具合だらけだと苦情が殺到しているようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


あるドライバーによると、

6月18日にマニラ首都圏で起きた、

膝ほどの深さの洪水の中を走行したところ、

フロントのナンバープレートが、

前方90度の角度に折れ曲がってしまいました。

修復を試みようとしましたが、

LTOは新たに簡単に外せないボルトを採用したため、

修復のためにナンバープレートを取り外すこともできません。

「もし無理やり曲げれば折れるかもしれないし、

樹脂性のバンパーに傷が付くかもしれない」

とドライバーの男性は途方にくれています。

plate1.jpg

LTOはナンバーの固定に指定されている、

「セキュリティ・ボルト」を使用してないドライバーに、

5千ペソの罰金を課す方針を明らかにしていました。

また洪水でナンバープレートが外れて流されたという証言もあり、

さらに塗装が剥げてしまったという報告も出ています。

また新たに採用されたバーコードも機能していないとの情報もあります。

バーコードには車体ナンバーやエンジンナンバー、

モデル名などの情報が含まれているとの説明でしたが、

あるユーザーがバーコード読み取り機で試したところ、

「テストバーコード」という表示が出ただけでした。

これもフェイスブックに投稿されて注目を集め、

「こんなくだらない物に税金を払っているのか?」

などと批判が集まっています。

一方、LTO当局者はバーコードに関して、

「個人的な情報のため特別な機器でないと読み取れない」と説明しています。

またナンバープレートに問題がある場合は、

最寄のLTO事務所に報告するよう呼びかけ、

その問題が納入業者によるものか、

ドライバーによるものか判断して対処すると説明しています。

mb.com.ph:LTO’s new license plate problems surface online

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

===========================================

結局、お役所らしくナンバープレートの不具合も、

すべて業者に丸投げにするつもりのようですね。

意味も無く新しいナンバーを導入することで、

懐を肥やしている役人がいるのかもしれません。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2015/06/21 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)

日本の病院がフィリピン人看護師、介護士を絶賛募集中!


日本の様々な病院でフィリピン人看護師と介護士が求められています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


フィリピン海外雇用省によると、

日本の公益社団法人国際厚生事業団 (JICWELS)が、

75人の看護師と300人の介護士を探しているそうです。

看護師は資格を持っており、

3年間の病院での労働経験が必要で、

20歳から35歳が好ましいとされています。

これらの応募者は4年のコースを卒業し、

フィリピンの技術教育技能開発庁(TESDA)によって、

介護者としての認定を受けていることが必要となります。

資格のある申請者は、

7月10日までにオンラインでの登録が必要となります。

数年前にフィリピンと日本の政府は、

日比経済連携協定を結んで、

日本の医療施設でフィリピン人の看護師や介護士が、

雇用できる覚書を締結しました。

これらの看護師と介護士は、

日本での国家試験に合格することで、

無期限で日本に滞在して、

職業の経験を積むことができます。

応募者はフィリピンのPOEAを通してのみ、

合法的に日本での職を得ることができます。

philstar:Japan needs Pinoy nurses, caregivers

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

===========================


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2015/06/20 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)

イロコス名物「バンブーボクシング」に爆笑


イロコス州ラオアグにある砂丘で、

「バンブーボクシング」が人気を集めています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


アオアグには有名な砂丘があり、

砂の上を滑るスノーボードならぬサンドボードや、

4輪駆動車を使ったツアーなどのアトラクションで、

多くの観光客が楽しんでいます。

そんな中で特に大ウケなのがバンブーボクシングで、

平均台のような竹の棒に跨り、

互いに向き合って殴り合うというもの。

このスポーツ競技のポイントは、

足が地面に付かないため踏ん張りが利かず、

ただ力任せに殴っても自分がバランスを崩してしまうので、

攻防のバランスが重要なようです。





ほかの地域のバンブーボクシング


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2015/06/19 23:50 ] おもしろニュース | TB(-) | CM(-)

前代未聞、「正確なお釣り法案」が可決するらしい…


フィリピンで奇妙な法案が可決するようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


このほど下院議会で、

国内の商業施設で横行する、

誤った慣行を正すための法案が提出され、

近く可決される見通しです。

貿易産業委員会の議員はこのほど、

「正確なお釣り法案」を提出し、

最終読会を通過しました。

「これは消費者を不当な販売行為から保護するための法案だ」

「たとえ5センタボだろが20ペソだろうが、

消費者はお釣りを主張する権利がある」

と議員は強調しています。

この法案が可決すれば商業施設で、

消費者にコインが足らないなどの理由で、

お釣りを渡さなかったり、

不足したお釣りを渡すことが禁止されます。

また各商業施設には、

「正確なお釣りを要求してください」という、

サインを掲げることが義務付けられます。

「日々支払われなかったお釣りを合計すれば数千ペソに達することもある」

「これは商業における不正で撲滅すべきことだ」

と議員は付け加えました。

この法案に違反した商業施設は、

500ペソから2万5千ペソの罰金が科せられる見通しです。

journal:House okays Exact Change Act

================================

コイン不足を主張する商業施設もあるようですが、

フィリピン中央銀行はコインの流通不足を否定しています。

道に落ちていても乞食さえ拾わないと言われている、

センタボコインを廃止すれば、

お釣りの問題はかなり改善すると思うのですが…。

個人経営の小さい売店だと、

お釣りの代わりにキャンディーを渡されて困惑することがあります。

よくお釣りを誤魔化すタクシーにも適応してほしい法案です。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2015/06/18 23:50 ] 悪徳タクシー | TB(-) | CM(-)
このブログの人気記事
ブログパーツ
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム