フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

映画館の天井から滝のような水漏れwww350人がびしょ濡れ


セブ市にある映画館で天井が崩落する事故がありました。

月曜日の夜にアヤラ・ビジネスパークにある、

アヤラ・シネマ5で、

天井から大量の水が漏れ出し、

その後、崩落する事故がありました。

映画館はオーストラリア系BPO企業のイベントで貸切となっており、

企業幹部の外国人のほか、

350人の従業員が詰め掛けていました。

現場に居た企業幹部は、

施設のマネージメント当局の対応の遅さに失望を表明しました。

彼によると警備員が掛け付けたのは、

事態発生から25分後だったそうです。

被害を被った企業はアヤラに対し法的な措置をとる方針です。

cebudailynews:CINEMA CEILING FALLS



=============================

水漏れとかいう次元じゃないですwww

テーマパークのアトラクション並の水量が、

天井からまさに滝のように降り注いでいます。

見たところ汚水じゃないのが、

せめてもの救いだったかもしれませんね。

この映画館に行くときは傘と雨がっぱは必需品かも。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2015/06/17 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)

パトカーに横から突っ込まれるも「お前が悪い」と修理費要求、警官には近づくべからず


マニラ首都圏近郊のカビテ州で、

パトカーに接触事故を起こされた市民が、

その驚きの経験を告白し、

運転手たちに注意を喚起しています。

運転手によると現場はタガイタイの直線道路で、

法廷速度を守って真っ直ぐに走行していたところ、

反対車線から強引に割り込もうとしたパトカーが、

左側面に追突してきました。

車の損傷具合からみても、

パトカーが一方的に側面に衝突したのは明らかでしたが、

警官は市民運転手のミスによる事故と、

驚きの調査結果を言い渡しました。

その根拠は「パトカーに道を譲るべき」というものでした。

しかしパトカーは明らかに、

前方を通過しようとした車両の側面に追突しており、

運転手は納得できませんでした。

さらに警官は双方の車両の修理費を負担するよう要求。

そして警察への報告書のため、

運転手の男性は書類にサインを求められ、

もし断れば車両を押収して運転手も拘留すると話したそうです。

このレポートを公開したウェブサイトは、

タガイタイ警察に説明を求める方針です。

tagap2.jpg

tagap3.jpg

tagap1.jpg

topgear.com.ph:Police vehicle hits a car cruising in proper lane; cops say it's car driver's fault

=================================

仮に警官が責任を認めても、

修理代が払われるかは怪しいでしょうね。

これは相手が一般市民の事故でも同じで、

接触事故などの処理は一筋縄ではいかないようです。

なので軽い接触などの場合、

その場で納得できる金額を支払わせることも多いようです。

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


関連記事
[ 2015/06/17 11:00 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)
このブログの人気記事
ブログパーツ
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム