フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

新しいナンバープレートに批判殺到、強度不足、意味不明のバーコード


フィリピンの陸運局(LTO)が新しく導入したナンバープレートが、

不具合だらけだと苦情が殺到しているようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


あるドライバーによると、

6月18日にマニラ首都圏で起きた、

膝ほどの深さの洪水の中を走行したところ、

フロントのナンバープレートが、

前方90度の角度に折れ曲がってしまいました。

修復を試みようとしましたが、

LTOは新たに簡単に外せないボルトを採用したため、

修復のためにナンバープレートを取り外すこともできません。

「もし無理やり曲げれば折れるかもしれないし、

樹脂性のバンパーに傷が付くかもしれない」

とドライバーの男性は途方にくれています。

plate1.jpg

LTOはナンバーの固定に指定されている、

「セキュリティ・ボルト」を使用してないドライバーに、

5千ペソの罰金を課す方針を明らかにしていました。

また洪水でナンバープレートが外れて流されたという証言もあり、

さらに塗装が剥げてしまったという報告も出ています。

また新たに採用されたバーコードも機能していないとの情報もあります。

バーコードには車体ナンバーやエンジンナンバー、

モデル名などの情報が含まれているとの説明でしたが、

あるユーザーがバーコード読み取り機で試したところ、

「テストバーコード」という表示が出ただけでした。

これもフェイスブックに投稿されて注目を集め、

「こんなくだらない物に税金を払っているのか?」

などと批判が集まっています。

一方、LTO当局者はバーコードに関して、

「個人的な情報のため特別な機器でないと読み取れない」と説明しています。

またナンバープレートに問題がある場合は、

最寄のLTO事務所に報告するよう呼びかけ、

その問題が納入業者によるものか、

ドライバーによるものか判断して対処すると説明しています。

mb.com.ph:LTO’s new license plate problems surface online

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

===========================================

結局、お役所らしくナンバープレートの不具合も、

すべて業者に丸投げにするつもりのようですね。

意味も無く新しいナンバーを導入することで、

懐を肥やしている役人がいるのかもしれません。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2015/06/21 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: