記事一覧

市長秘書婦人が「小銭落としギャング」の犠牲に、12万ペソ相当の被害

セブ市で市長秘書が夫の女性が、「小銭落としギャング」の被害に遭いました。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします警察の調べによると、女性はレガスピ通り沿いにあるレストランに、夫や子供と一緒に食事に来ていました。家族を先に行かせて駐車場の車に残っていたところ、正体不明の人物が近付いてきて、車の後ろのところに小銭を落としていると指摘されたそうです。そして女性が確認のために車を降りたところ、別の男が...

続きを読む

今度は「駆虫薬」で児童1200人以上が病院送り、期限切れの薬を使用か

フィリピン南部ミンダナオ島で、今度は駆虫薬(虫下し)を飲んだ学校の生徒たちが、病院に運ばれる騒ぎがありました。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします7月29日に北サンボアンガ州で、厚生省が全国的に行っている駆虫キャンペーンの一環として、各地の学校で一斉に駆虫薬を配布したところ、服用した生徒たちが吐き気や腹痛を訴え始め、1225人が病院に運ばれ治療を受けました。現地の市長などが厚生省に問い合わ...

続きを読む

日本人も危機一髪、女性を狙う連れ去り未遂が相次ぐ

マニラ首都圏では依然として若い女性を狙った、連れ去り未遂が多発しているようです。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いしますネットメディアの情報によると、オルティガスで日本人女性が、危うく車に連れ込まれそうになりましたが、危機一髪で逃げることが出来きました。日本人女性の友人によると、容疑者はワンボックスカーに乗っており、クラウンプラザホテル付近で、道を聞くフリをして女性に接近し、車に連れ込もうとす...

続きを読む

フリーダムすぎる刑務所、既婚者のためにモーテルをオープン

収監者のダンスで有名なセブ地方刑務所で、また新たな試みが行われ話題を呼んでいるようです。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いしますこのほどセブ地方刑務所(CPDRC)は、既婚者の収監者向けに、配偶者と一緒に過ごすことができる、モーテルをオープンしたことを明らかにしました。収監者とその配偶者は格安の料金で、2人きりの時間を過ごすことができます。その料金は1時間あたり20ペソから、30ペソに設定され...

続きを読む

日本人がダイビング中に心臓発作

セブ島で日本人男性がダイビング中に、心臓発作を起こして病院に運ばれました。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします7月27日午後1時ごろ、ラプラプ市沖でダイビングをしていた、日本人男性が体調を崩し、運ばれたボート上で呼吸困難に陥り、ボートは直ちに最寄の港に向かいました。病院に運ばれたのは、山口県出身の64歳の日本人男性で、http://internet.blogmura.com/facebook/心臓発作を起こしたとみられ、緊急治...

続きを読む

首都圏で横行する「ノックアウト・タクシー」に注意

マニラ首都圏で「ノックアウト・タクシー」と呼ばれる手口の強盗未遂事件があり、被害者が注意を呼びかけています。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします被害者の女性によると、ケソン市で買い物をしたあと、タクシー乗り場ではない場所で拾ったタクシーに、家族と一緒に乗ったそうです。すると運転手は渋滞なので追加料金を要求してきました。一行はその要求を断り、渋滞の少ないルートを通るよう頼みました。すると運転...

続きを読む

米国大使館周辺で横行するボッタクリ商売、規則を悪用、弱みに付け込む

マニラ市にある米国大使館の周辺で、ある規則を利用した悪徳商法が横行しているようです。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いしますマニラ市のモレノ副市長によると、レイテから米国大使館を訪れた男性市民から、高額な料金を要求する商売に関して、マニラ市役所に苦情があったことを明らかにしました。それによると男性は、米国大使館で携帯電話の持ち込みが、全面的に禁止されているのを知らなかったそうです。一人で来たた...

続きを読む

女性がウーバー・タクシーで恐怖体験、見知らぬ男2人が乗り込んでくる

安全がウリのウーバー・タクシーですが、ネットで女性客の恐怖体験が話題となっています。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いしますある女性利用客の母親が、フェイスブックに投稿した内容によると、娘が夜9時に学校が終わりましたが、迎えに行く事ができず、ウーバーを使って帰宅させることにしたそうです。母親とその家族はウーバー・タクシーを所有していて、ほかの3人の姉妹もいつもウーバーをいつも利用するなど、信頼...

続きを読む

米歌手クリス・ブラウンがフィリピンから出国、プロモーターは詐欺容疑で拘束中

新年イベントのドタキャンをめぐるトラブルで、フィリピンからの出国を阻止されていた、米歌手のクリス・ブラウンさんが、ようやく出国を許可されました。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いしますブラウンさんは金曜日に、そのままマカオに向かいパーティーに参加しましたが、彼のプロモーターであるカナダ人男性は、新年イベント主催者である、宗教団体イグレシア教会から詐欺で訴えられており、入管に逮捕されて拘束されて...

続きを読む

早く母国に帰りたい、困窮ドイツ人が駅で物乞い、支援を求める

ネット上で困窮状態に陥った外国人が話題となり、支援を呼びかける声が集まっています。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします注目を集めているのは、マニラ首都圏にある高架軽量鉄道(LRT)のタフト・アベニュー駅で、物乞いをしている43歳のドイツ人男性です。近くを通りかかったあるフィリピン人女性が、彼を見かけて話を聞いたところ、自分の境遇を写真と一緒にフェイスブックに投稿して、助けを求めてほしいと頼...

続きを読む

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム