フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

来年の選挙を控え「防弾車ビジネス」が大繁盛


来年2016年に選挙を控えているフィリピンで、

防弾車の需要が急速に高まっています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


車両を防弾仕様に改造する会社の経営者によると、

最も顧客が多い地域はミンダナオで、

ほかに北部ルソン、南部ルソンなど、

選挙期間にホットスポット(犯罪多発地帯)と化す地域からの注文が多く、

選挙の一年前後に需要が急増します。

2013年の選挙では全国の市町村の半分以上が、

国家警察によってホットスポットに指定されました。

しかし防弾車を求める顧客は、

政府などの高官だけでなく、

資金があるバランガイ・キャプテン(村長)なども含まれています。

また政治家だけでなく、

誘拐団のターゲットとなる中国人ビジネスマンも彼らの顧客です。

国家警察によると、

いくつかの選挙候補者は選挙資金を捻出するために、

身代金目的の誘拐を行っています。

防弾車の部品で最も高価なのは、

前面に使われる防弾ガラスで、

39ミリから42ミリの厚さがあり、

価格は40万ペソから50万ペソ(140万円)もします。

この会社が手がける完全防弾車は、

米国から輸入した部品を使っており、

220万ペソ(約600万円)から、

360万ペソ(980万円)の費用がかかります。

Car bulletproofing industry set to boom ahead of 2016 polls



=====================

さすがアジア有数の銃社会だけあって、

こういったビジネスも繁盛しているようです。

高級車1台分を上乗せする感じで防弾仕様に出来るようですが、

やはり庶民には手が届きません。

こんな車が必要とされる時点で、

命が幾つあっても足りないような気もします。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2015/08/11 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)

仰天選挙、下院議員夫人が夫の愛人に対抗し市長選に出馬!


北アグサン州カバドバラン市で、

来年に行われる市長選が、

下院議員の正妻と愛人の対決になる見通しで注目を集めています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


このほど市長選への出馬を表明したのは、

北アグサン州選出の下院議員の妻であるジュディさんで、

その目的は夫の愛人と疑われている、

市長候補のカトリーナさんの当選を阻止するためです。

ジュディさんは記者会見で、

下院議員の夫がカトリーナさんを連れて市の各地を巡り、

彼女を「ソウルメイト」と紹介していると暴露。

夫がカトリーナさんを市長選に出馬させるために、

各地を政治的な協議のために周っていると説明しました。

ジュディさんには夫との間に3人の子供がいますが、

すでに夫に対し経済的支援のための訴訟を、

マニラ首都圏の裁判所で起こしているそうです。

一方、現職の市長は、

「家庭内の揉め事である正妻と愛人の争いに市を巻き込んでほしくない」

「そういう個人的な問題は裁判所で解決すべきだ」

「彼らはただ市関係者を分断しているだけ」

と2人の争いを非難しています。

Lawmaker's wife to run vs husband's alleged mistress

======================

メロドラマのような展開ですが、

有権者の利益がどこにも見えない選挙戦になりそうです。

現市長の言うように、

裁判所で気決着をつけてほしいところですね。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2015/08/11 11:00 ] おもしろニュース | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: