フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

【続報】ドテルテ市長、サマル島拉致事件はNPAの犯行ではないと明言


北ダバオ州サマル島のリゾート施設で、

武装集団が外国人3人を誘拐した事件で、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


治安当局が捜査を続けていますが、

人質の行方は依然として不明なままです。

当初、目撃証言があった東ダバオ州を中心に、

捜査が行われていましたが、

警察当局はコタバト、サランガニ、スルタングダラットの各州に、

捜査に加わるよう要請しました。

「南ダバオ州で人質を目撃したとの情報があるが検証中だ」

と警察当局者は話しています。

oce2.jpg

とても長い海岸線があるためボートはどこにでも接岸でき、

それが捜査を難航させています。

依然として犯行グループからは声明や、

身代金の要求などはなく犯行の動機も不明です。

一方、ダバオ市長のドテルテ氏は、

リゾートを襲った少なくとも11人の犯行グループに関して、

防犯カメラの映像で分かった振る舞いなどから、

「プロの犯行」と断定しています。

さらに現場には共産ゲリラNPAの犯行を伺わせる、

メッセージが残されていましたが、

「これはNPAのスタイルではない」

「思想的にNPAは身代金目的の誘拐はしない」と説明。

NPA犯行説を真っ向から否定しました。

イスラム過激派アブサヤフの犯行も疑われていますが、

依然として有力な証拠は掴めておらず、

アキノ大統領は新たな反政府組織が、

事件の背後にいる可能性を指摘しています。

Police search outside Davao for kidnapped foreigners, Pinay

PH gov’t suspects new rebel group abducted foreigners, Filipina


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


================

ヨットを所有しているような金持ちの外国人を狙ったことからも、

身代金が目的であることは間違いなさそうです。

犯行グループの割り出しに関しては、

様々な情報が飛び交っており、

依然として混乱が続いているようです。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2015/09/25 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)

マニラ空港で再び「銃弾セットアップ」疑惑、イケメン米国人宣教師が被害


マニラ国際空港で再び空港職員による恐喝疑惑が浮上しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


フロリダからフィリピンを訪れた、

20歳の米国人宣教師の男性が、

9月17日にパラワンに向かうため、

家族と一緒に国内線のターミナル4を訪れたところ、

エックス線検査をする空港の警備職員に、

バッグの中に銃弾が入っていると指摘されたそうです。

2人の空港職員は銃弾の件を揉み消す代わりに、

3万ペソの支払いを要求しましたが、

男性は無実を主張してこれを拒否しました。

結局、男性は銃弾の不法所持で5日間も施設に拘置された後に、

4万ペソ(約10万円)の保釈金を支払って解放されました。

男性は母と牧師である父と一緒にフロリダから、

16日にフィリピンを訪れ国内線で、

パラワンのコロンに向かうところでした。

US missionary detained for illegal ammo, cries setup

'Laglag bala' victimizing passengers in NAIA?

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


==================

先日も米国に向かう女性が、

同じ手口で現金を要求されたという疑惑が浮上したばかりです。

ターミナルは違いますが、

空港職員の間でこのような恐喝手口が、

横行しているのかもしれなせん。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2015/09/25 11:00 ] マニラ国際空港 | TB(-) | CM(-)

空港職員が恐喝、バッグに銃弾を忍ばせ車椅子の女性を脅す


マニラ国際空港の警備職員が、

利用客の女性を恐喝した疑いで取り調べを受けています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


事件があったのは9月18日で、

米ロサンゼルスに向かうフィリピン人女性が、

ターミナル2に到着して荷物のエックス線検査を受けたところ、

担当の空港職員に呼ばれ、

バッグのポケットに銃弾が入っていることを告げられました。

しかし女性に身に覚えはなく、

バッグの中は食品など、

一般的な物が入っているだけだったそうです。

職員はバッグのポケットに手を入れて銃弾を取り出し、

女性の目の前に差し出しました。

koton2.jpg

職員は女性にパスポートと、

米国のグリーンカードを提出するよう求め、

この件が記録に残り将来的な旅行に影響が出ると、

脅迫じみたことを言いました。

女性は銃弾が自分の物ではないと主張し、

職員に再確認するよう求めると、

車椅子を押してくれていたポーターが、

500ペソで職員と話しをつけると提案してきました。

そして責任者に見えないように、

お金を渡すよう女性に耳元で囁いたそうです。

渡航記録に傷がついて米国に帰れないことを恐れた女性は、

提案に合意し500ペソを渡しました。

500ペソを受け取った職員は再び荷物を検査し、

女性はポーターに200ペソを渡して、

無事に検査を通ることができました。

女性はたった500ペソのために、

誰かの名誉を傷つける職員に対し強い憤りを感じ、

この出来事をフェイスブックに投稿。

空港の警備当局者の知るところとなり、

職員への調査が行われることになりました。

2 Naia security screening officers probed for alleged ‘kotong’

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


==================

フィリピン人ですらこのような恐喝に遭う、

世界最悪のマニラ国際空港。

仮に職員のセットアップでなくても、

お金で銃弾を見逃したわけですから、

これは明らかに不法行為ですね。

たった500ペソのためにこんなことをやられたのでは、

旅行者はたまったものではありません。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2015/09/24 23:50 ] マニラ国際空港 | TB(-) | CM(-)

スービックのKTVで未成年者2人を救出


ザンバレス州のKTVで働かされていた、

未成年の少女が救出されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


現地の福祉開発局と警察が、

スービックにあるKTVで摘発を行い、

GROとして働かされていた、

17歳の少女2人を救出しました。

摘発されたのは「Pink Blooms KTV Bar」で、

オーナーの40歳の女が逮捕されました。

市民からテキストメッセージで、

未成年者が働いているとの情報得た警察が、

捜査を行い摘発に至りました。

救出された少女たちによると、

働き始めたのは9月16日からで、

顧客をもてなすことで得られる、

ドリンクからのコミッションで稼いでいたということです。

また今回の摘発では問題のKTVが、

バランガイから営業許可を得ていないことも明らかとなりました。

2 minors rescued from KTV bar

==================


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2015/09/24 11:00 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)

【映像あり】サマル島の外国人拉致事件、現場に謎のメッセージで混乱


フィリピン南部サマル島にある高級リゾートで起きた、

武装集団による外国人拉致事件で、

容疑者グループの割り出しが難航しているようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


現在、容疑者グループと考えられているのは、

イスラム過激派のアブサヤフと、

共産ゲリラの新人民軍(NPA)ですが、

犯行声明や身代金の要求などがなく、

グループを特定できていない状況が続いています。

犯行の翌日には現場となったリゾートのゲート付近で、

NPAが司令官を殺害された報復として拉致事件を行った、

という内容のメッセージが書かれた、

紙切れが置かれているのが発見されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


しかし警察当局や現地の市長などは、

ボートを使った犯行の手口がアブサヤフに酷似していると指摘し、

NPAの犯行である可能性は低いとの見解を示しています。

警察当局によると武装集団は、

3人の外国人と1人のフィリピン人の人質を連れて、

東ダバオ州方面の山間部に逃走しと考えられており、

国軍がヘリコプターを飛ばすなどしてその行方を追っています。

サマル島では2001年にアブサヤフが、

リゾート施設を襲撃して外国人を拉致しようとする事件が起きて、

警備員3人が死亡しています。

Military has lead on Samal Island kidnapping

CCTV video shows how Samal Island kidnappers took foreigners, Pinay



====================

東ダバオ州というとNPAの活動地域ですね。

アブサヤフなら拠点があるバシラン島など、

もっと南部に向かって逃走するように思うのですが。

NPAは国軍兵士を捕虜にしたりしますが、

身代金目的で民間人を誘拐するのは聞いたことがありません。

謎は深まるばかりです。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2015/09/23 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)

カナダ人を逮捕、マラテの路上で船員をノックアウト


マニラ市でフィリピン人を殴ったカナダ人が逮捕されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


マニラ地区警察によって逮捕されたのは、

マラテ地区にあるクラウン・プラザに滞在する、

35歳の元軍人とみられるカナダ人で、

路上にいたフィリピン人船員を殴った疑い。

被害者と一緒にいた友人によると、

マビニ通りにある「Calle 5-KTV」の前で、

タクシーを待っていたところ、

通りかかったカナダ人の男が、

何の警告もなくいきなり被害者の男性を殴ったそうです。

男性はそのまま地面に倒れ意識を失いました。

容疑者のカナダ人はもうひとりのカナダ人と、

2人のフィリピン人女性と一緒でした。

騒ぎを聞きつけて現場に駆けつけたパトロール中の警官が男を逮捕しました。

被害者の男性は病院に運ばれ、

意識を取り戻したということです。

Canadian nabbed for punching seaman

=================


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2015/09/23 11:00 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)

日本人が負傷、武装集団がリゾートで外国人観光客を拉致


フィリピン南部のリゾートで、

武装集団が外国人観光客を誘拐し、

現場にいた日本人も負傷しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


事件があったのは北ダバオ州にあるサマル島で、

月曜日の夜11時ごろ、

「ホリデー・オーシャンビュー・リゾート」に、

モーターボートに乗った約11人の武装集団が現れ、

係留中のヨットにいた2人のカナダ人と1人のノルウェー人、

そして1人のフィリピン人女性を連れ去りました。

Samal4.png

リゾートのマネージャーによると、

当時、現場には約30人の外国人観光客が、

滞在していたということです。

リゾートには警備員がいましたが、

武装集団の数が圧倒的で何もできなかったようです。

samal2.jpg

また現場に居合わせた、

日本人観光客のカップルが、
http://internet.blogmura.com/facebook/

武装集団に抵抗した際に負傷したとの情報もあります。

地元の警察や国軍、沿岸警備隊が、

逃走した武装集団の行方を追っています。

火曜日には武装集団が使用したとみられる、

2隻のボートが東ダバオ州の海岸で発見されました。

3 foreigners, Filipina kidnapped in Samal Island

3 foreigners, 1 Filipina abducted in Samal Island


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


=================

外国人誘拐といえばイスラム過激派のアブサヤフが有名ですが、

今回の事件現場は彼らの活動地域からはかなり外れています。

事件があったリゾートは治安が良いことで知られる、

ダバオ市のすぐ沖にある島です。

もしイスラム過激派の犯行であるとすれば、

治安の大きな脅威となるでしょうね。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2015/09/22 23:50 ] 邦人関係 | TB(-) | CM(-)

【なぜ?】クリスマス到来、警察がショッピングモールでハンマー禁止令


マニラ首都圏のショッピングモールで、

金槌(ハンマー)が禁止されることが分かりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


マニラ東部警察本部は、

9月から始まるクリスマスシーズンを受け、

管轄内のショッピングモールで、

ハンマーやベースボールバットの持込み、

帽子の着用を禁止することを決定しました。

これは昨年のクリスマスシーズンに、

ケソン市やマカティ市、パサイ市のショッピングモールで、

ショーケースをハンマーなどの工具で破壊し、

宝石などを根こそぎ奪う強盗が多発したためです。

容疑者たちは帽子とサングラスで顔を隠し、

防犯カメラで身元が特定されないようにしていました。

警察当局者はモールやホテル、レストランなどの警備担当に対し、

禁止令に協力するよう要請しました。

またモールの入口にヘルプデスクを設置し、

そこに警官が常駐することで合意しました。

またSWAT部隊に24時間体制で、

モールでの強盗や人質事件に備えるよう命じました。

EPD to enforce hammer ban in malls

==================


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2015/09/22 11:00 ] 治安関係 | TB(-) | CM(-)

韓国人夫婦、モールで置き引き被害、総額4万ペソ以上


セブ市の商業施設で韓国人夫婦が、

置き引き被害に遭い貴重品などを盗まれました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


被害者はシャングリラ・ホテルに宿泊する、

39歳の韓国人男性とその妻で、

金曜日にバランガイ・ラズにショッピングモール内にある、

ファーストフード店で食事中に、

バッグを何者かに盗まれました。

警察の調べによると夫婦が午後1時30分ごろ、

バッグを横にあるイスの上に置いて食事をしていたところ、

いつの間にかバッグが消えていることに気付きました。

バッグには1万2千ペソ相当のサムスン製のデジカメや、

1万2千ペソ相当のiPad、1万6千ペソ候のプラダの財布など、

約4万3千ペソ相当が入っていました。

警察はモール当局に防犯カメラの映像の提供を求め、

犯人を割り出す方針を示しています。

また警察は元市議会議員の妻が被害に遭った、

窃盗団のメンバーの犯行である可能性を指摘しています。

この窃盗団のメンバーはすでに逮捕されましたが、

すでに保釈されて再び犯行を繰り返している可能性があるということです。

Korean couple loses cash, items inside mall

====================

連休でフィリピンを訪れている方はご注意ください。

バッグなどの荷物は持ち歩かないのが一番ですが、

やむをえない場合は必ず目の届くところに置くようにしましょう。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2015/09/21 23:50 ] 治安関係 | TB(-) | CM(-)

またタクシーが乗客の荷物を持ち逃げ、ソマリア人が被害


マニラ市で外国人がタクシーに、

荷物を持ち逃げされる事件がありました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


被害者はマラテ地区に滞在する、

25歳のソマリア人学生で、

9月14日の午前10時ごろに、

タクシーに乗ってドラッグストアを訪れ、

薬を買うのでタクシー運転手に待つように頼みました。

念のためにタクシーのプレートナンバーを控え、

荷物を車内に残してドラッグストアに入ると、

タクシーは加速して荷物と一緒に逃走したそうです。

被害者は周辺でタクシーを捜しましたが発見できなかったため、

最寄の警察署に向かい助けを求めました。

そして午後10時ごろに、

現場周辺に戻ってきたタクシーが検問で呼び止められ、

警官が車内を調べたところ、

被害者のタブレットやパスポートなどを発見。

運転手の男を逮捕しました。

しかし運転手は渋滞に巻き込まれて移動しただけで、

盗む気はなかったと話し、

現場に戻ったところ被害者の姿がなく探していたと主張しています。

Cabbie sued by Somalian student passenger

==================

先日も日本人が似たような被害に遭っています。

「もう二度と来ない!」2人の日本人がタクシーに荷物を持ち逃げされる


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2015/09/21 11:00 ] 悪徳タクシー | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: