フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

【怪しすぎる】監視カメラは人権侵害!職員が国税局の汚職防止策に怒り


国税局が汚職防止対策として、

監視カメラの導入を進めていますが、

職員から反発の声が上がり物議を呼んでいます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


追加の監視カメラは特に汚職が横行している、

支払い窓口に設置される見通しですが、

一部の職員は「なんで記録する必要があるんだ?」

「我々に対する人権違反だ」

などと主張し監視カメラの設置に反対しています。

さらに「監視カメラを設置する前に職員の給与を上げるべき」と述べ、

低い給与が汚職の原因であるかのように指摘しました。

国税局の局長は職員の低い給与の引き上げに理解を示す一方、

もし何もやましいことがなければ、

職員は監視カメラの設置を恐れる必要はないと説明。

国税局は長年に渡って、

最も腐敗した政府機関のひとつとして認識されています。

また副大統領候補のエスクデロ上院議員からは、

監視カメラに加え中が見えるガラス製の机や、

職員にポケットのない制服の導入も提案されています。

局長は問題の発言を行った職員に対して、

ライフスタイルチェック(素行調査)を行うことも命じました。

Ilang kawani ng BoC, umalmahan ang dagdag na CCTV cam sa transaction area

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

=================

確かに職場に監視カメラがあったら嫌ですが、

ここまであからさまに反対するのも怪しさ爆発ですね。

疑われても仕方ありません。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2016/04/17 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)

セブで非常事態宣言、エルニーニョによる水不足が深刻化、農民の生活を直撃


エルニーニョの影響が深刻化しているセブで、

ついに非常事態宣言が発令されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


セブ州当局は4月11日に、

極度の干ばつ状態を受け非常事態宣言を発令しました。

セブ州では同じように昨年5月にも水不足となり、

6ヶ月におよぶ非常事態宣言が発令されています。

州当局によると非常事態宣言の基金により、

特に深刻な影響を受けている農民などの支援が行われる方針です。

支援チームを組織してエルニーニョによる農業への被害を調査し、

積極的に支援を行う方針です。

cebo1.jpg

まず3400万ペソが支出されます。

ミンダナオ島のキダパワン州では、

エルニーニョの影響で困窮状態に陥った農民たちが、

政府に食料支援を求めて暴動を起こし、

警官隊と激しい衝突を起こす事件が起きており、

セブ州当局は同じようなことが起きることを懸念しています。

またセブの隣りにあるボホールでも水不足が続き、

4月7日に非常事態宣言が発令されたばかりで、

フィリピン中部や南部ではエルニーニョによる影響が深刻化しています。

Cebu, Bohol under state of calamity due to El Niño

==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2016/04/17 14:00 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: