フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

【暗黒空港】老夫婦拘束の銃弾事件、空港の車椅子担当者が挿入か、5万ペソを要求


マニラ国際空港で米国に向かう老夫婦が、

銃弾所持の容疑で拘束された事件で、

空港職員に恐喝されていたことがわかりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


恐喝が疑われているのは、

拘束された75歳の女性の車椅子を押していた空港の係員で、

警察の調べによると、

バッグから銃弾が発見されて足止めされる前に、

5万ペソの支払いを要求してたということです。

恐喝が疑われている職員の名前などは調べ中ですが、

地元メディアが撮影した映像には、

小太りで78番の制服を着た職員が、

女性の車椅子を押している様子が記録されていました。

gbala1.jpg

同空港では昨年に、

米国人男性のバッグから銃弾が発見され、

空港職員に3万ペソを要求される事件が起きていました。

国家警察は恐喝事件として空港当局に調査を命じており、

誰が銃弾を仕込んだのか、

空港内の監視カメラの映像を詳しく調べる方針です。

空港当局者は銃弾がターミナル入口の最初のエックス線検査で、

発見されなかったことについて困惑していると話しています。

Grandma's wheelchair aide tagged in 'tanim-bala' try

PNP orders probe on latest case of 'tanim-bala'

gbala2.jpg

===============

関連記事
【暗黒空港】銃弾事件まだ終わらず、車椅子の老婆が拘束される


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2016/04/21 23:50 ] マニラ国際空港 | TB(-) | CM(-)

【暗黒空港】またターミナル1の天井が崩落、さらに出発エリアのガラスも割れる、利用客が危機一髪


またマニラ国際空港でガラスが突然割れたり、

天井が崩落する事故が相次ぎました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


火曜日にターミナル1の出発エリアのゲート10近にある、

ガラス製の仕切りが突然割れる事故がありました。

周囲には多くの利用客がいましたが、

幸いにも怪我人は出ませんでした。

当時、ゲート9とゲート10の旅客機がエンジンを始動させており、

その振動の影響でガラスが割れたと見られています。

さらに水曜日の午前10時ごろには、

免税店の天井が崩落する事故がありました。

Ceil1.jpg

免税店の店員によると、

崩落した場所からはエアコンの水漏れがあり、

これにより天井の石膏ボードがダメージを受けたと見られています。

また崩落した天井裏からは、

工事関係者が置き忘れたとみられる、

廃棄物入りのゴミ袋も回収されました。

空港当局は工事を担当した請負業者に、

直ちに修理するよう命じたということです。

Glass wall shatters, ceiling collapses at NAIA-1

===============

先日、空港当局は風水師を呼んで悪運のお祓いをしたばかりですが、

あまり効果はなかったようです。

やはり不祥事の原因は悪運ではなく、

当局の杜撰な管理にあるあようです。

これだけ不祥事が続いていも安泰な責任者が羨ましいです。

【安全は神頼み】「マニラ空港のトラブルは悪運のせい」、改善に風水師が呼ばれる


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2016/04/21 14:00 ] マニラ国際空港 | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: