フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

【暗黒空港】新婚さんいらっしゃい、ハネムーンカップルが銃弾所持で逮捕、8万ペソ要求される


新婚旅行中のカップルが銃弾所持で逮捕され、

恐喝されていたことが分かりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


逮捕されたのは新婚旅行でボラカイを訪れていた新婚夫婦で、

木曜日にマニラに向かうため、

カティクラン空港を訪れたところ、

エックス線検査で夫のバッグから14発の銃弾が発見されました。

夫婦は銃弾の所持を否定しています。

妻はすでに銃弾事件は終息していると考え、

エックス線検査を受けるときに、

バッグのチャックを完全に閉めていないかったと話しています。

2人はボラカイを訪れるときに、

マニラ国際空港とカティクラン空港を通過しましたが、

なにも問題はなかったと主張しています。

また銃弾が発見されるまえに、

バッグがエックス線検査の機械から、

なかなか出てこなかったとも話しています。

さらに警察署に連行されてから、

解放と引き換えに8万ペソを要求されたと話しています。

妻によると夫は金曜日の朝の時点で、

起訴されるためにまだ警察署に勾留されています。

夫婦は逮捕されてから不安で何も食べ物が喉を通らないと話しています。

一方、弁護士協会は訴訟を提出することなく、

11時間以上の勾留を行うことは違法だとして、

アクラン警察を非難しています。

先週にはマニラ国際空港で米国行きの老夫婦が、

銃弾所持で逮捕され空港職員に5万ペソを要求される事件が起きたばかりです。

Boracay honeymooners in trouble for alleged 'tanim-bala'

===============

関連記事
【暗黒空港】老夫婦拘束の銃弾事件、空港の車椅子担当者が挿入か、5万ペソを要求


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2016/04/30 23:50 ] マニラ国際空港 | TB(-) | CM(-)

【江戸時代】フィリピンで今も続く「市中引き回しの刑」をご覧ください


フィリピンでは市中引き回しの刑を独自に行っている地方があります。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


バタンガス州タナウアン市で、

女性を襲って逮捕された男が、

罪状が書かれた紙を体に貼られ国道と市場周辺を歩かされました。

男は27歳の女性を荒れ地に連れ込んで、

無理やり襲ったことを認めています。

男は過去にも同じような犯行を行っていましたが、

裁判が途中で立ち消えとなり罪に問われることはありませんでした。

市中引き回しに関して人権委員会は、

人権違反だとして市長を批判しています。

市長は以前にも魚の干物を盗んだ男や、

企業から電線を盗んだ男に対して、

同じように市中引き回しの刑を行っていました。

批判にも関わらず市長は、

更正のために必要だとして自身の行いを正当化しています。

24 Oras: Rape suspect, ipinarada sa palengke ni Tanauan Mayor Halili



=============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2016/04/30 14:00 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)
このブログの人気記事
ブログパーツ
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム