フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

【朗報】「銃弾所持で逮捕しない」、空港警備当局が規則を見直し、1個だけならOK?


依然として続くマニラ国際空港での銃弾事件で、

警備当局が新しい対応の方針を発表しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


空港の警備を担当している交通保安局(OTS)は、

利用客から発見された銃弾が一個だった場合、

逮捕せずに飛行機への搭乗を容認する方針を示しました。

ただし銃弾は当局に引き渡す必要があります。

ターミナル1のOTSチームの責任者は、

この対応によって銃弾事件の恐怖に終止符が打たれると話しています。

ただしこの対応はまだ実験的な段階で、

銃弾がお守りの目的など1個だけで、

特に相手が老人や海外労働者だった場合に適応される見通しです。

bul1.jpg

複数の銃弾が発見された場合は除外されます。

またエックス線検査で荷物に銃弾が発見された場合、

誰かかが触れる前に持ち主をモニターの前に呼び、

確認させる手順を導入するとしています。

そして利用者自身に銃弾を取り除かせ、

当局に引き渡せば拘束されることなく、

そのまま飛行機の乗ることができます。

日曜日にはターミナル1で、

中東行きの海外労働者の荷物に、

1個の銃弾と2個の使用済薬莢が混入しているのが、

エックス線検査で発見されましたが、

これを引き渡すことで無事に飛行機に乗れたということです。

OTSチームは手を振ってこの利用客を見送りました。

多くのフィリピン人は銃弾を幸運のお守りとして信じており、

飛行機に乗るときにこれを持ち込み、

銃弾混入事件が起きる一因となっていると考えられています。

今回の規則の見直しは、このような状況に対応したものです。

o more arrests for bullet amulets at NAIA

==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2016/06/02 23:50 ] マニラ国際空港 | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: