フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

国家警察長官、調子に乗りすぎて謝罪、自首した薬物容疑者に「元締めを消せ」「家に火を放て」と扇動


薬物犯罪撲滅を推進する国家警察長官が、

不謹慎な発言で謝罪に追い込まれました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


木曜日にバコロド市を訪問したデラロサ長官は、

数百人の自首した麻薬容疑者たちを前に、

「ガソリンを撒いて奴らの家に火を放て」

「お前たちの怒りを見せてやるんだ」

「奴らはお前らの脳を破壊して得た金で人生を満喫している」

「お前たちは元締めが誰か知っているだろ」

などと演説し薬物の元締めを消すよう扇動しました。

dela1.jpg

しかし発言を問題視する声が高まり翌日に謝罪に追い込まれました。

「容認できない発言だった」

「まるでゾンビのような薬物容疑者たち前にして感情的になった」

「薬物犯罪への欲求不満が溜まっていた」

とデラロサ長官は釈明しました。

一方で同市の警官を前にした演説では、

「お前らあの世に行く準備はできてるか?」

「しかしその前に相手を先にあの世に送ることが重要だ」

と述べ警官たちを激励しました。

=================

ぜんぜん反省が伝わってきません。

ドゥテルテ政権が終わったあと、

大統領と一緒に刑務所行きになる可能性大ですね。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2016/08/28 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)
このブログの人気記事
ブログパーツ
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム