フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

ダバオの爆発事件、2つの砲弾を使った超強力爆弾だった、残虐すぎるだろ


ダバオ市で2日に発生した爆発事件で、

使用された爆弾の詳細が判明しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


警察当局が現場から回収した爆発物の破片を調べた結果、

迫撃砲弾を使ったものであることが分かっていましたが、

最終的に2種類の砲弾が使われていたことが分かりました。

使われたのは60㍉砲弾と81㍉砲弾で、

これに携帯電話を使った起爆装置が接続されており、

遠隔操作で爆発したとみられています。

強力な爆発によりこれまでに14人が犠牲となり、

70人以上が負傷し病院で治療を受けています。

サラ・ドゥテルテ市長は事件を防げなかったとして、

警察の責任者を解任する一方、

3人の容疑者に200万ペソの報奨金を掛けて市民に情報を求めています。

3人の容疑者は男1人、女2人で、

事件直前まで現場のナイトマーケットで、

マッサージを受けていたとの目撃情報が寄せられており、

3人が置き去ったバッグに爆発物が入っていたとみられています。

事件をめぐってはイスラム過激派のアブサヤフが犯行を認めていますが、

デラロサ国家警察長官は、

薬物シンジケートが資金を提供した可能性を指摘し、

ドゥテルテ大統領への報復として、

地元のダバオ市を狙ったとの見方を示しています。

これが本当だとすれば、

今後も同様の事件が多発する可能性もあり、

政府が目指す違法薬物の撲滅は大きな困難に直面することも考えられそうです。

ドゥテルテ政権が果たして同様の事件を封じ込めることができるのか、

その手腕に国民が注目しています。

==================


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2016/09/07 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)
このブログの人気記事
ブログパーツ
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム