フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

【危険】マニラの米国大使館近くに爆弾、警察が爆破処理、ダバオの爆弾と酷似


マニラ市にある米国大使館近くで、

手製爆弾が発見され周囲が一時騒然となりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


月曜日の朝、米国大使館から数メートルの距離にある、

ロハス大通りに設置してあたゴミ箱から爆弾が発見され、

通報を受けたマニラ地区警察が出動しました。

発見者の清掃員によると、

筒状の物体に携帯電話が装着されていたそうです。

別の目撃者はタクシー運転手が、

怪しい物体を置いていったとの証言しています。

通報で駆け付けた爆弾処理班が爆破処理し、

怪我人などはでませんでした。



調べた結果爆弾は本物で、

81ミリの砲弾とバッテリー、携帯電話を組み合わせた構造で、

ダバオ市で起きた爆弾事件に使われたものと酷似していました。

爆弾処理のため周辺の道路は、

一時通行止めとなるなどの混乱に見舞われました。

Manila police safely detonate suspected bomb near US Embassy

==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2016/11/28 23:50 ] 治安関係 | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: