フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

【朗報】「ぼったくりタクシーは詐欺罪で逮捕な」、ドゥテルテ大統領が警察に命じる


ドゥテルテ大統領が年末に猛威を奮っている、

悪徳タクシーについて言及し話題となっています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


ドゥテルテ氏はこのほどメディアのインタビューで、

市民に悪徳タクシーに遭遇したら、

当局に報告するよう市民に呼びかけました。

「もしタクシーに過剰請求されたら陸運局に行く必要はない」

「その代わり警察に通報すればいい」

「警察に奴らを逮捕するよう命じる」

「なんの罪かって?詐欺だ」と述べ、

ぼったくりタクシーは詐欺罪で裁かれるべきだと持論を述べました。

タクシー運転手たちは先の大統領選で、

ドゥテルテ氏を支持したことで知られています。

しかしドゥテルテ氏は、

「俺は運転手を怖がらせるつもりはない」

「ただ運転手の頭にセンスを注入しようとしているだけだ」と述べ、

さらに「もし今の金額がハッピーでないなら、

政府に運賃値上げを求める署名でもしろ」と述べ、

乗客に過剰請求しないよう求めました。

Duterte: Arrest erring taxi drivers for swindling, estafa

==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2016/12/31 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)

マカティで外国人を逮捕、複数のカードで現金引き出し試みる


マニラ首都圏で複数のカードを使って、

ATMから現金を引き出そうとした外国人が逮捕されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


マカティ市警察によると、

逮捕されたのはブルゴス通りのホテルに宿泊していた、

36歳のルーマニア人の男で、

レガスピ・ビレッジのサルセド通りにあるBPI銀行のATMで、

複数のカードを使って現金を引き出そうとしていたところを、

銀行の職員に発見されました。

怪しんだ職員が質問したところ、

明確に回答できなかったため、

通報で駆けつけた警官に逮捕されました。

警察によると男は違う種類の18枚のカードを所持していたということです。

男はアクセスデバイス規制法違反の容疑に直面する見通しです。

Romanian with multiple ATM cards nabbed while withdrawing money

==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2016/12/30 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)

年末に惨事、ボクシング会場で爆弾が炸裂、34人負傷


フィリピン中部で爆弾事件があり、

多数の負傷者が出ているようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


事件があったのはヒロンゴス町で、

水曜日の夜に地元で行われていたフィエスタの最中に、

混雑する人込みの中で強力な爆弾が爆発しました。

この爆発で少なくとも34人が負傷し、

病院に運ばれ治療を受けています。

現場ではフィエスタの一環でボクシングが行われており、

多くの観客が詰めかけていたということです。

爆弾には迫撃砲弾が使用され、

携帯電話を使った遠隔操作で起爆されたと見られています。

警察によると現場には2個の爆弾が設置されていましたが、

一個は不発だったとのことです。

地元当局者はイスラム系犯罪組織の報復の可能性を指摘していますが、

犯行声明などは出ていません。

34 hurt in Leyte fiesta blast

34 hurt in Leyte town plaza blast

==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2016/12/29 23:50 ] 治安関係 | TB(-) | CM(-)

【朗報】ウーバーやグラブの「サージ料金」に規制、混雑を利用した不合理な値上げと判断


このほど陸運局の下部組織であるLTFRBは、

配車サービスを展開するウーバーとグラブに対し、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


混雑時間に料金を値上げする、

「サージ料金」システムに制限を設けるよう命じました。

もし従わない場合は営業許可を停止する方針です。

LTFRBは混雑する時間帯に、

2千ペソから2万8千ペソの追加料金が発生することに関する苦情に関して、

ウーバーとグラブがホリデーシーズンの混雑を利用して、

不合理な値上げを行っていると判断しました。

これを受けグラブは12月24日から来年の1月30日までサージ料金を制限。

ウーバーも1月15日まで制限することで合意しました。

しかしウーバーはサージ料金に関して、

混雑期に車両不足解消する手段だと説明し、

LTFRBに制限の撤回を求める方針を示しています。

LTFRB warns Uber, Grab on 'unreasonable' surge rates

==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2016/12/28 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)

マラテの有名クラブで外国人客に乱暴、用心棒とマネージャーは逃走


マニラ市の歓楽街で外国人が暴行される事件があり、

警察が容疑者の行方を探しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


マニラ地区警察によると、

被害者はイラン人の男子学生で、

暴行を加えた容疑で4人のクラブ従業員が逮捕されました。

しかしクラブのマネージャーと用心棒が逃走しており、

警察がその行方を追っています。

事件があったのはマラテ地区ボコボ通りにある、

「ZZYZX Club」で、

http://internet.blogmura.com/facebook/

マニラセントラル大学2年生の男性が、

午前4時ごろに暴行を受けたとして警察に通報しました。

男性によるとクラブで楽しい時間を過ごしていたところ、

女性の知り合いがやってきて一緒に飲むことになったそうです。

しばらくして女性のボーイフレンドを名乗る男がやってきて、

いきなり突き飛ばされました。

男性がクラブの経営者に苦情を言ったところ、

逆に従業員たちに暴行を受け追い出され、

警察に助けを求めたということです。

Iranian mauled in club, 4 jailed

==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2016/12/27 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)

またマカティ警察が恐喝、タイ人女性に50万ペソ要求、夫の開放と引き換えに


外国人を恐喝したマニラ首都圏の警官が停職処分となりました。

国家捜査局(NBI)が明らかにしたところによると、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


疑惑の渦中にあるのはマカティ市警察に所属する4人警官で、

市内のチノロセス・アベニュー(パソンタモ)で、

拳銃所持の容疑で男性を逮捕し、

開放と引き換えに50万ペソを支払うよう、

男性の妻であるタイ人女性に要求しました。

警官はもし支払わなければ、

薬物容疑者も付け加えると恐喝し、

現金の支払いを求めたそうです。

女性はNBIに助けを求め、

おとり捜査が行われましたが、

警官たちは現金の受け渡し場所をファストフード店から、

急に警察署内に変更しました。

警察署内でのおとり捜査は困難との判断から、

管轄である南部警察本部に支援を求め、

4人警官は捜査のために解任されました。

マカティ警察は男性が酔った状態で歩いており、

警官が接触しようとしたところ車に走って戻ったため、

調べたところ車内なから銃を発見したと主張しています。

また男性が強盗や置き引きに、

関与していたことを認めていると説明し逮捕を正当化しています。

4 Makati cops suspended for extortion, kidnapping complaint

4 Makati cops in hot water

==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2016/12/26 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)

【クズ】大暴れの困窮外国人を逮捕、物乞いしながらカジノに通う


マニラ市の歓楽街で器物破損などの容疑で、

困窮外国人が逮捕される事件がありました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


マニラ地区警察によると、

事件があったのはマラテ地区アドリアティコ通りにあるバランガイホールで、

バランガイ議長や自警団に悪態をつき、

さらに建物などに損害を与えたということです。

逮捕された46歳の米国人の男は、

http://internet.blogmura.com/facebook/

探している「アリエル」という人物を発見するのに失敗し、

激怒していたということです。

そして対応したバランガイ自警団に指を立てるなどして、

暴れ始めたということです。

男は9月にフィリピンを訪れましたが、

強盗に貴重品をすべて奪われたと話しています。

しかしバランガイ自警団によると、

男は強盗に遭ったと主張しては物乞いし、

そのお金を持ってカジノに通う暮らしをしていたということです。

Unruly American national collared

==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2016/12/25 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)

女性が運転手に〇〇を奪われる、タクシーで寝るなと注意呼びかけ


配車サービスのグラブ運転手が、

乗客の女性にセクハラをして問題となっています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


女性の訴えによると、

12月21日にカロオカン市の自宅に帰るため、

グラブを使ってタクシーを予約し助手席に座ったそうです。

「最初はなにも問題なかったわ」

「そして私は居眠りをしてしまった」

「運転手に「到着したよ」と言われて目を覚ますと、

彼の唇が私の唇と重なっていたの」

と被害者の女性は証言しています。

http://internet.blogmura.com/facebook/

運転手は苦情を言った女性に対し、

もし訴えなければ料金を要求しないと申し出てきたそうです。

グラブ・フィリピンによると苦情を受けて、

すでに問題の運転手は停職処分となっており、

捜査の結果を待っている状況です。

グラブの責任者は「良い仕事をしている運転手を忘れないでほしい」と指摘し、

今回の問題があくまでも個別の事件であると主張しています。

その一方で「同様の事件を防止するために居眠りしないように」と、

利用客に注意を呼びかけました。

Passenger complains vs Grab driver for stolen kiss

==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2016/12/24 23:50 ] 悪徳タクシー | TB(-) | CM(-)

マニラ空港で惨事、暴走車が人込みに突っ込む、外国人も負傷


マニラ国際空港で暴走車が人込みの突っ込み、

外国人を含む5人が負傷する事故がありました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


事故があったのはターミナル3の到着エリアで、

午後8時ごろに24歳の女性が運転するフォード製ピックアップトラックが、

タクシーを待っていた利用客の列に突っ込みました。

この事故で外国人2人とフィリピン人3人が負傷し、

最寄りの病院に運ばれました。

suv1.jpg

トラックは柱にぶつかりようやく停止しました。

また負傷した外国人のひとりは、

事故の騒ぎの最中に携帯電話をなくしたということです。

運転手の女によると親戚の到着を待っていましたが、

ブレーキと間違ってアクセルを踏んでしまったということです。

空港警察が無謀運転などの容疑で運転手を拘束しました。

5 hurt as SUV slams into NAIA crowd

==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2016/12/23 23:50 ] マニラ国際空港 | TB(-) | CM(-)

フィリピンに「ニセ僧侶」が上陸、観光地で〇〇の押し売り、絶対に受け取るな!


世界各地で問題となっている「ニセ僧侶」が、

ついにフィリピンにも上陸したようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


ニセ僧侶が出没しているのは、

避暑地として知られているバギオ市です。

地元メディアによると同市のセッションロードや、

ハリソンロードなどで仏教の僧侶の衣装を着た男たちが、

観光客を相手にアクセサリーの押し売りをしているということです。

mon1.png

ニセ僧侶は観光客にブレスレットやネックレスを手渡すと、

いきなり100ペソから500ペソの支払いを要求。

断ると攻撃的にな態度になるそうで、

特に学生などの若者が狙われています。

ニセ僧侶が近づいてきても、

決して彼らが持っているアクセサリーを手に取ったりしないことが重要ですが、

もし攻撃的になったら迷わず警察を呼ぶよう注意を呼びかけています。

同様のニセ僧侶はニューヨークや香港、

ロサンゼルスなどでも問題となっており、

バギオのニセ僧侶はその手口を模倣した可能性がありそうです。

The Fake Monk Mafia In Baguio City

==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2016/12/22 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)
このブログの人気記事
ブログパーツ
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム