記事一覧

バーの警備員が逆ギレ、女性に外国人を紹介しようとして断られ乱闘

ダバオ市のバーで警備員と客が乱闘となる事件がありました。月曜日の夜にバーの警備員が、↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします客の女性に米国人を紹介しようとしたところ、女性は中指を立ててこれを断りました。すると警備員は激怒し、女性と一緒にいた知人を殴り逃走しようとしました。殴られた人物が投げたボトルが警備員の頭に当たり、さらに別の客たちが警備員を殴りました。警備員はサンペドロ警察に勾留されていま...

続きを読む

セブで17件のバーが営業禁止の危機、シヌログ祭りで違法営業

セブ市で17件の飲食店などが、営業取り消しの危機を迎えています。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いしますセブ市当局によるとシヌログ祭りの期間中は、会場周辺の通りにあるバーなどの飲食店で、アルコールの提供やストリートパーティーは禁止されていました。また市長は野外で音楽を鳴らさないよう命じていましたが、市長が去ったあと再び音楽を鳴らしていたということです。違反した飲食店には「The Backflip Restobar」...

続きを読む

マニラ空港で恐喝が復活、職員が〇〇にイチャモン、飛行機に乗り遅れる

マニラ国際空港で職員による恐喝疑惑が浮上しています。ターミナル1で1月4日、サウジアラビに向かうフィリピン人女性とヨルダン人が、↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします最終セキュリティチェックで、手荷物にビン入りのウベジャムが入っていることを理由に、担当職員に呼び止められました。職員は機内にビンを持ち込めないと指摘すると、「ウベジャムについてあっちで話そう」と女性に要求しました。しかし女性が拒...

続きを読む

誘拐され行方不明の韓国人、事件直後に火葬か、NBIが明らかに

韓国人男性が警官とみられる容疑者に誘拐され、行方不明となっている事件で、国家捜査局(NBI)は男性がすでに亡くなっているとの見方を示しました。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします調べによると男性の亡骸は事件直後に、マニラ首都圏カロオカン市にある葬儀社に持ち込まれ、火葬され埋葬されたと考えられています。葬儀社の職員に男性の写真を見せたところ、http://internet.blogmura.com/facebook/火葬された男性と...

続きを読む

早くも犠牲者、ボンバイのインド人が撃たれる、ドゥテルテ氏の禁止令直後

ビコール地方でインド人が銃撃を受ける事件がありました。事件があったのはアルバイ州レガスピ市で、↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします正体不明の容疑者に撃たれたインド人は、高利貸し「ファイブシックス(5-6)」を営んでいる男性で、集金している途中で被害に遭いました。複数の目撃者によると、容疑者は顔をハンカチで覆っており、銃撃したあとにバイクに乗って逃走したということです。地元警察が容疑者を探してい...

続きを読む

空き家で大量の〇〇を発見、近所の住人から異臭と苦情

マニラ市の空き家で異臭騒ぎがあり、警察が調べたところ大量の人骨が発見されました。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします水曜日にキアポのイスラミックセンターにある、2階建ての家から異臭がするとの苦情を受けた警察が、しばらく誰も住んでいない部屋を調べたところ、階段の下から複数の人骨が発見されました。人骨はセメントで塞がれた部屋に隠してあり、この家は以前薬物取引に使われていたことがあったそうです。...

続きを読む

【さらばインド人】ドゥテルテ大統領、違法の高利貸し業者に逮捕命令【5-6】

ドゥテルテ大統領が高利貸しを営むインド人を逮捕するよう命じました。このほど最高裁は金融業者が、↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします不当な利子を要求できないルールを明確にしたことを受け、「ボンバイ」「5-6」などと呼ばれている、インド人による高利貸しが全面的に禁止となる見通しとなりました。5-6は5ペソ借りると6ペソを返却するというもので、20%という高い利子がつきますが、日銭がない庶民の間で広く...

続きを読む

行方不明の韓国人、妻が有力情報に賞金、やはり警官が誘拐か

パンパンガ州アンヘレス市の自宅から、昨年10月に誘拐された韓国人男性の情報に、↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします妻が10万ペソの賞金を掛けたことが明らかとなりました。国家警察はすでに誘拐に関与した、警官含む3人の身元を確認し残る5人の行方を探しています。関与が疑われている警官は薬物捜査班の警官で、捜査を偽って男性の自宅に押し入り、宝石などを奪ったうえで男性を連れされ、その後行方が分からな...

続きを読む

【ドゥテルテ効果】ぼったくりタクシーを詐欺罪で逮捕、通常の10倍の料金を要求

マニラ国際空港で高額な料金を要求した、タクシー運転手が逮捕されました。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします空港セキュリティー当局によって逮捕されたのは、ブラカン出身の26歳の運転手です。調べによると運転手は、ターミナル3からタギッグのビクタンに向かう利用客に、メーターを使わず1200ペソという、通常の10倍に相当する料金を要求。利用客の男性が支払いを拒否すると、強制的にタクシーから降ろされ...

続きを読む

【人身売買?】外国人を逮捕、未成年の少女と一緒に居ただけで…

セブ島で未成年者と一緒にいた外国人の男が逮捕されました。↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします地元警察によると、サン・レミジオにある港の当局者から、外国人の男が未成年者を連れて、バスに乗ってセブ市に向かおうとしているとの通報があり、駆け付けた警官が男を逮捕しました。逮捕されたのは59歳のポーランド人の男で、17歳の少女と一緒に旅行をしていました。調べによると男はバンタヤン島から来たそうです。...

続きを読む

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム