フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

カナダ人銃撃事件の犯行動機が浮上、〇〇をめぐる復讐か


マニラ首都圏パサイ市で、

カナダ人男性が銃撃された事件で、

意外な犯行動機が浮上しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


犠牲となったカナダ人男性(55)の妻(24)が、

目撃証言から作成した容疑者の似顔絵を見たところ、

カナダ人男性が昨年に起こした交通事故で亡くなった、

75歳の男性の息子に酷似していることが分かりました。

交通事故は昨年4月にサンバレス州で発生し、

父親を失った息子はカナダ人を刑事告訴する姿勢でしたが、

ほかの遺族と話し合いの結果、

12万ペソを支払うことで示談となりました。

カナダ人男性の妻によると、

当時、警察署で激怒した被害者の息子が、

加害者であるカナダ人男性に殴りかかったそうです。

警察は銃撃事件の背後に、

交通事故をめぐる復讐があったとの見方を示しています。

銃撃事件は3月6日にパサイ市の路上で発生し、

信号待ちをしていた運転中のカナダ人男性が、

正体不明の男に銃撃を受け犠牲となりました。

警察は当初、三角関係やビジネスをめぐるトラブルが、

犯行の動機であるとの見方を示していました。

被害者のカナダ人男性は、

先月にフィリピン人女性と結婚し、

パサイ市にあるビクトリーモールで携帯電話ショップを経営していました。

Vendetta seen in Canadian trader’s slay in Pasay

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

関連記事
[ 2017/03/22 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)
このブログの人気記事
ブログパーツ
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム