記事一覧

客を強制的に降ろしたタクシー運転手が謝罪、〇〇を我慢できなかったと弁明

マニラ首都圏のエドサ通りで、

老人と幼い孫を強制的に降ろし、

批判を受けていたタクシー運転手が謝罪しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


陸運局に出頭した運転手は乗客の老人と再開し、

「下痢で我慢できなかった」

「もうほとんど出てきていた」

「早くトイレに行きたかった」と、

老人を他のタクシーに移すために降ろしたと弁明しました。

一方、老人によると運転手は、

メーターを切り運賃はいらないと強調し、

とにかく降りろと迫られたそうです。

2人の再開に立ち会った元陸運局の幹部の弁護士は、

「耐え難い渋滞が2人の誤解を引き起こした」と分析しました。

運転手は謝罪しましたが、

陸運局は彼の弁明が本当かどうか調査する方針です。

24 Oras: Taxi driver na sapilitang nagpababa sa pasahero, humingi na ng tawad



==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム