記事一覧

クリスマスが近づき警官の恐喝が相次ぐ…、美人婦警も例外ではなかった

汚職撲滅を推し進めるドゥテルテ政権ですが、

市民を恐喝する悪徳警官は一向に減らないようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


マニラ市で2人の警官が市民を恐喝したとして処分に直面しています。

問題の警官はマニラ地区警察ステーション8に所属する警官で、

サンパロックの路上で午前1時30分ごろ、

理由もなく自転車の男性を呼び止めて、

自転車のほか携帯電話や宝飾品などを奪い警察署に連行しました。

さらに開放と引き換えに1万5千ペソを要求。

男性の携帯電話を使って親戚に電話し支払いを要求したそうです。

その後親戚が駆け付けで警官に現金を支払いようやく男性は開放されました。

男性はマニラ地区警察に通報し、

警察当局者が2人の警官を呼び出しましたが、

出頭しなかったということです。

警官は強盗容疑で告訴されました。

一方ケソン市でも2人の女性警官が、

市民を恐喝した容疑で逮捕されています。

既婚の女性が夫の浮気をめぐって、

タリパパ警察署のウーマンズ・デスクに相談に訪れました。

そして2人の女性警官が担当になり、

夫と愛人を警察署に連行し事情を聞きましたが、

妻は最終的に告訴するのをやめました。

すると警官と告訴の書類を用意していた女性弁護士が、

手数料として5千ペソの支払いを要求してきたそうです。

powo1.jpg

http://internet.blogmura.com/facebook/

妻は値下げを求めましたが、

警官は弁護士に聞けの一点張りで解決しませんでした。

困った妻が警察署の上官に相談すると、

おとり捜査が行われ現金を受け取った女性警官は逮捕されました。

2 QC lawmen caught extorting money inside police station

2 MPD cops face raps

==============


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム