フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

【新年】住宅街で外国人が撃たれる、〇〇の苦情でトラブルか、近所住人を逮捕


元旦に外国人が撃たれる事件があり犯人が逮捕されました。

事件があったのは、

イロイロ市にあるサブディビジョン内の民家で、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


警察の調べによると、

日曜日の午前2時30分ごろ、

近所で花火の騒音がうるさいとして、

37歳のハンガリー人の男性が、

http://internet.blogmura.com/facebook/

警備員に苦情を言ったそうです。

苦情を受けた警備員は、

男性の向かい側にある家を訪れ、

花火をやめるよう要請しました。

そして警備員がパトロールのために立ち去った直後に、

悲鳴が聞こえたため再び現場に戻ると、

苦情を言われた男が銃を持っており、

警備員は銃を取り上げて警察に通報しました。

被害者男性の婚約者の女性によると、

午前3時ごろに部屋に男性がいなことに気付き、

敷地内を探し回ると家の裏で倒れていいる男性を発見したそうです。

hun1.jpg

駆け付けた警官が警備員から事情を聞き、

男の家を調べると別の拳銃も発見され押収されました。

容疑者の男によるとハンガリー人男性に蹴られたため、

激高して犯行に及んだと供述しています。

警察は事件を調べる一方で、

被害者男性の滞在許可に関して入管に問い合わせる方針です。

また警備員が被害者から銃を押収したにも関わらず、

警察への通報が遅れたことも調べるとしています。

ハンガリー人カップルはイロイロ市でレストランを経営しており、

約2年間ほど市内で暮らしていたということです。

容疑者の男は42歳で船員だということです。

Hungarian shot dead allegedly over firecrackers

Seaman nabbed for shooting to death Hungarian neighbor in Iloilo on New Year's Day

==============

フィリピンで近所への苦情は難しい問題です。

苦情を言うと相手が激高し、

かえってエスカレートするケースが多いです。

特に外国人は苦情を直接伝えるのは避けたほうが無難です。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


[ 2017/01/02 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)
このブログの人気記事
ブログパーツ
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム