記事一覧

フリーダムすぎる刑務所、既婚者のためにモーテルをオープン

収監者のダンスで有名なセブ地方刑務所で、

また新たな試みが行われ話題を呼んでいるようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


このほどセブ地方刑務所(CPDRC)は、

既婚者の収監者向けに、

配偶者と一緒に過ごすことができる、

モーテルをオープンしたことを明らかにしました。

収監者とその配偶者は格安の料金で、

2人きりの時間を過ごすことができます。

その料金は1時間あたり20ペソから、

30ペソに設定されてるそうです。

この方針は配偶者と過ごせるプライベートな空間が欲しい、

との収監者組合の要求に市長が応えたものです。

cpd1.jpg

モーテルは刑務所の使用されていない施設を改造し、

18の部屋が作られました。

ただし利用には条件があり、

既婚であることを証明するために、

結婚証明書の提出が義務付けられています。

セブ地方刑務所が話題になるのは今回が初めてではなく、

収監者の更生プログラムの一環として、

ダンスを取り入れて世界的に有名になり、

今では観光名所となっています。

CPDRC opens ‘motel’ for married inmates

=======================

ここまで自由だと刑務所生活も、

単身赴任か長期出張といった感じですね。

というか貧困層の場合もともと生活レベルが最低なので、

刑務所に入っても生活のレベルがあまり変わらず、

懲罰になっていない感じがします。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム