記事一覧

困窮邦人詐欺?一文無しと主張し物乞いする日本人

マニラ首都圏で外国人が関与する寸借詐欺が横行しているようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


8月1日にあるフィリピン人の男性が、

ロハス大通りとエドサ通りの角付近、

ヘリテージホテルの向かい側にある、

ミツビシ自動車のショールーム前に立っていたころ、

日本人を名乗る男に話しかけられました。

男は今何時か聞いてきましたが、

男性は時計を持っていないので分からないと返答。

しかし男は何度も同じ質問をしてきたそうです。

男性が適当に受け流していると、

今度はマカティにはどうやって行けるのかを聞いてきたそうです。

このとき男性は、

強盗に襲われてすべてを失ったと主張して、

物乞いをする手口がマニラ首都圏で横行していることを思い出し、

用心深く男に接するようになりました。

すると男は男性が思っていた通りに、

持ち物をスリにすべて盗まれたと話し出し、

ホテルに帰るためのお金が必要だと主張。

次の日に返却するので、

携帯電話の番号を教えて欲しいと申し出てきました。

しかし男性は小銭入れだけを男に見せて、

60ペソしか持っていないと説明し20ペソを貸すことを提案。

すると男は笑いながらその場を去っていったそうです。

男性が男が歩いていった先を観察すると、

仲間と見られる人物がいるのが確認できました。

男性はバスを待っている間に、

携帯電話や財布を取り出して、

男に見せなかったことが幸運だったと考えました。

男性は自身のフェイスブックで、
http://internet.blogmura.com/facebook/

誰かに助けを求められても、

用心深く接するべきだと注意を呼びかけています。

New modus operandi involving “foreigners”

====================

少し前にもフィリピンで路頭に迷った、

困窮ドイツ人が話題になりましたが、

中には困窮を装った寸借詐欺もあるようです。

早く母国に帰りたい、困窮ドイツ人が駅で物乞い、支援を求める


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム