記事一覧

一流ホテルで置き引き被害、外国人を狙った組織的な犯行に注意

マカティ市のホテルで外国人が置き引き被害に遭ったようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


被害者はインド人ビジネスマンで、

同市のファイブスターホテルに、

ミーティングのために訪れていました。

事件があったのは5月12日の午前10時で、

防犯カメラの映像には、

インド人男性がホテルに入った数分後に白いSUV車で乗り付け、

ホテルに入る7人組の容疑者たちが記録されていました。

7人はホテルに別々に入りロビーで散開しました。

容疑者のひとりがサインを送ると、

残りのメンバーが男性がミーティングしている部屋に行き、

自撮りをしている振りをしながら接近して、

横に置いてあったバッグを持ち去ったと見られています。

防犯カメラにはバッグを持ち去る容疑者のほか、

妊婦を含む別のメンバーたちが、

彼を追うようにホテルから出て行く様子が記録されていました。

国家捜査局(NBI)はサリシ・ギャングと呼ばれる置き引き犯は、

高度に組織化された犯罪グループで、

ホテルや高級レストランで外国人をターゲットにしていると指摘しています。

このグループは4月にアンヘレス市のゴルフコースで、

容疑者たちを見かけた被害者韓国人の通報により逮捕されましたが、

すぐに保釈されていました。

当局がインド人の証言から、

犯行に関与した組織のリーダーを割り出しその行方を追っています。

Billionaire Indian businessman loses bag to Salisi Gang in Makati



↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム