フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

フィリピンの過酷すぎる通学路、毎日フリークライミング状態


過酷な通学路を使って学校に通う、

子供たちの姿が話題となっています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


北サンボアンガ州のダピタン市にある、

オロ小学校とオロ高校に通う子供たちは、

朝6時に起床して通学に備えます。

子供たちはオロ山の急勾配を登りながら、

約1時間もかけて学校へ向かうのです。

たださえ危険を伴う通学路ですが、

雨季はさらに危険を増し、

崖のような斜面から落ちそうになる子供もいます。

保育園のアイダ先生とその娘は約8年間も、

この山の急勾配を通って学校に通っているそうです。

「私は自分自身に神が守ってくれると言い聞かせています」

「子供たちにも困難に屈せず勉強を続けましょうと呼びかけています」

「彼らが私のように貧しくならないため学業を終えてほしいのです」

とアイダ先生は話してます。

オロ小学校に通う130人の生徒のうち、

山岳地帯の困難な通学路を使うの30人ほどです。

ほかの生徒はハバルハバルと呼ばれる、

バイクタクシーを使って学校に通っています。

バイクを使えばたった30分で学校に到着しますが、

1人あたり50ペソの運賃が必要で、

支払えない家庭も多いのです。

「もしバイクタクシーを毎日使えば200ペソ必要です」

「もし200ペソあればコメを買うことができます」

「だから私たちは過酷なルートで通学します」

この実情を知ったテレビ局が教育省に問い合わせたところ、

この通学路にコンクリート製の階段を置する方針を示しました。



=====================

以前にも過酷な通学路を紹介しましたが、

学校への近道に排水溝を通る子供たち、貧しく交通費の節約で

今回はさらに危険な通学路となっています。

こんなに疲労して学校にたどり着き、

ちゃんと授業に集中できるのか心配になってしまいますね。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


[ 2015/08/06 11:00 ] おもしろニュース | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: