記事一覧

「第二の人生を楽しむ」、強盗に撃たれたスコットランド人男性が心境を語る

タリサイ市の路上で強盗に襲われて、

銃で撃たれたスコットランド人男性が、

その心境を明らかにしています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


男性はフィリピン人女性との結婚式の数時間前に、

市内のコンビニ前で強盗に襲われて、

500ペソ入りの財布を奪われ、

拳銃で胸を撃たれ重体となっていました。

男性は手術で銃弾を摘出され回復に向かっており、

「第二の人生を楽しみたい」と語っています。

医者によると銃弾はろっ骨に当たり、

幸運にも心臓を逸れていたということです。

事件当時、救急車を呼びましたが現場に来なかったため、

男性はトライシクルを使って病院に運ばれました。

7月29日には9日間の治療を経て退院しました。

入院費は予想超えて50万ペソ以上に達しましたが、

その一部は友人が呼びかけた募金で賄われる見通しです。

しかしまだ胸にはチューブが刺さっており、

これを取り除くための治療が必要です。

強盗に関する捜査では、

未だに警察からの事情聴取などは受けていないと明かしました。

警察からは婚約者の携帯電話に、

容疑者と考えられる15人の写真が送られてきて、

2人の見覚えのある人物を報告しただけです。

「私は何かの意味があってここにいる」

「それが何であれ、それを探し求めたい」と、

男性は前向きな考えを述べています。

Scottish shooting survivor plans to have fun in his “second life”

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム