記事一覧

【衝撃】首都圏で流通する○○、80%が汚染されている!

フィリピン保健省がマニラ首都圏で流通する、

食品に関する調査結果を発表しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


調査対象となったのは、

フィリピン人の食卓に欠かせない鶏肉です。

保健省がフィリピン大学と共同で行った調査によると、

流通している鶏肉の約80%が、

カンピロバクターと呼ばれる食中毒菌に汚染されていました。

この菌は腹痛や下痢を引き起すとして注意を呼びかけ、

調理の前に洗浄し、

よく火を通してから食べるよう注意を呼び掛けています。

世界保健機関(WHO)によると、

カンピロバクターは非衛生的な食べ物や、

家畜が処理される際に肉が糞に触れることで感染します。

80% ng manok sa ilang merkado sa NCR, apektado ng isang uri ng bacteria

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム