フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

意図的に飛行機に乗り遅れさせ高額チケット売る手口、警官と売り場が共謀か


マニラ国際空港で飛行機に乗り遅れた乗客に、

高額な値段で航空チケットを売りつける詐欺が横行しているようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


被害者は海外比人労働者の男性で、

7月18日の午後5時ごろに、

中東からターミナル1に到着しました。

男性はタクロバン市に向かうため、

ターミナル3に移動する必要があり、

シャトルバスを探しましたがすでに出発したあとでした。

そのとき近付いてきた空港警官が、

タクロバンへの航空券は持っているのかと聞いてきたので、

男性は出発が午後6時だと説明。

すると警官が案内役の男を呼び、

男性は彼と一緒に空港タクシーに乗ってターミナル3に向かいましたが、

明らかに遠回りされて時間に間に合いませんでした。

その後、一緒だった男に勧められて行ったチケット売り場で、

タクロバン行きの航空券を5750ペソで購入させられ、

男性はフライトが翌日だったため宿泊施設に行きました。

そこで男性は自分と同じような経験をした女性に出会い、

怪しんだ男性が同じチケット売り場で、

同じフライトの航空券を予約したところ、

なぜか金額は2200ペソでした。

空港関係者によると、

男性は月曜日に空港当局に苦情を提出し、

関与した警官の割り出しを行う予定でしたが姿を現しませんでした。

さらに男性が事件に関する内容を投稿していた、

フェイスブックのアカウントも、
http://internet.blogmura.com/facebook/

無効化されて閲覧できなくなり、

携帯番号も変更され連絡できない状態になったそうです。

それでも空港当局は、

男性が航空券を買ったオフィスを調べ始めており、

営業許可を取得しているかも調べる方針です。

OFW bares pricey ticket scam at Naia

=====================

よくこんな手口を思いつきますが、

少なくとも警官と案内役の男と、

チケット売り場の店員の3人が関与していますから、

山分けしたら1人あたり1千ペソちょっとにしかならない計算です。

でもかなり手馴れた手口のようですから、

今回の被害者は氷山の一角で、

もっと多くの被害者がいるのかもしれません。

それにしても被害者の男性は無事なんでしょうか?


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


[ 2015/08/12 23:50 ] マニラ国際空港 | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: