記事一覧

【炎上】フィリピン人が小澤マリアさんを非難、人気俳優の妻が流産で八つ当たり

フィリピン人俳優の妻が流産したことをめぐり、

日本のセクシー女優の小澤マリアさんを非難する声が出てます。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


このほど三つ子を流産したのは、

人気俳優のロビン・パディリアさんの妻で、

パディリアさんは小澤マリアさんが、

フィリピンで女優デビューするホラー映画に、

相手役として出演する予定でしたが、

妊娠した妻の傍にいたいとの理由で、

撮影開始の10日前に出演を突然キャンセルしました。

このキャンセルをめぐっては小澤マリアさんは、

パディリアさんの決定が、

「unprofessional」(プロとはいえない)とネット上で失望を表明。

この発言に対しパディリアさんの一部のファンから、

批判的な反応が出ていました。

パディリアさんの妻の流産はそんな中で発生したため、

批判の矛先を小澤マリアさんに向けるファンが少なからずいるようです。

小澤マリアさんさんのインスタグラムには、

「あなたはハッピーか?あの起きたこと(流産)はあなたが原因だ」

などと英語でコメントされ、

中にはタガログ語の書き込みもあり、

これに対し小澤マリアさんは、

「何か言いたいことがあるなら英語でどうぞ」

「そうすれば私は理解できます」

「そして流産の件で私を非難するのは見当違いです」と英語で反論しました。

現地のネットメディアは、

「我々は小澤マリアさんが、流産の件にまったく関係ないことを知っている。そうだろ?」

と小澤マリアさんを擁護しおり、

一部のファンが暴走しているとの見方を示しています。

Poor Maria Ozawa, attacked by Pababe Warrior-like trolls

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


=====================

ちょとタイミングが悪すぎましたね。

パディリアさんの妻は2回目の流産だそうで、

何か問題を察知して映画の撮影をキャンセルした可能性もありそうです。

仕事を放棄して妻を見守る姿勢は、

フィリピン的には美談ですが、

日本の場合だと心配する心を押し殺してでも仕事することが美談です。

この摩擦はフィリピンと日本の仕事に対する姿勢と、

文化の違いが原因と言えそうです。

【悲報】小澤マリアさん初主演のフィリピン映画が撮影中止、相手役の俳優がドタキャン


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム