フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

【朗報】バリックバヤンボックス問題、アキノ大統領が開梱検査の停止を命令


関税局がバリックバヤンボックスによる商用品の密輸に対応するため、

無作為に開梱検査を実施する方針を示し、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


海外労働者を中心とした国民の強い反発を受けていた問題で、

このほどアキノ大統領が検査の停止を命じました。

アキノ大統領派は関税局に対し、

もっと明確な手続きで密輸対策を行うよう求めたということです。

利用者の負担を増やさない方向で、

エックス線や検査犬などを使ったチェックを行い、

問題を発見したときのみ開梱するよう念を押しました。

balik1.jpg

また開梱検査をする際にも、

監視カメラで記録されている環境で、

さらに海外労働福祉庁や、

海外労働者協会の代表が立会うことを求めました。

もしこれらの命令に違反した関税局職員は罰せられることになります。

国民に対しては関税局で違反行為があれば、

それを記録した写真やビデオを提示することを推奨する方針です。

アキノ大統領は関税局長官とのミーティングで、

「バリックバヤンボックスは、

海外労働者とその家族の交流に欠かせないものだ」と話し、

開梱検査をすべきではないことを強調しました。

しかしバリックバヤンボックスを使った密輸は以前から問題となっており、

2014年には約8万錠の抗不安薬がサプリメントとして密輸されたほか、

2011年には413個のGショック腕時計や高価なバイク、

車の部品などがバリックバヤンボックスを利用して密輸されています。

現在バリックバヤンボックスを積んだコンテナが、

1ヶ月に1500個も荷揚げされています。

1年では1万8千個のコンテナとなり、

これは720万個のバリックバヤンボックスに相当します。

Aquino stops random physical inspection of balikbayan boxes

======================

来年に大統領選挙が控えているので、

国民の反発を恐れたという感じですね。

とりあえず、しばらくは安心して荷物を送れそうです。

バリックバヤンボックスの増税と抜き打ち検査に批判高まる、教会までが反対を表明

【悲報】バリックバヤンボックスに増税の見通し、商用品の密輸が絶えず、値上げ不可避か


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


[ 2015/08/25 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: