記事一覧

橋の下に隠れ家、45人の浮浪児を保護、ATMカードや薬物を押収

セブ市当局が橋の下の暮らしていた45人もの浮浪児を保護しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


金曜日夜に市の福祉職員と警察が、

バランガイ・マボロとバニラドにある2つの橋の下で暮らしていた、

45人の未成年者の浮浪児たちを保護しました。

45人のうち15人は6歳から17歳の少女たちでした。

浮浪児たちは隠れ家の端の下で、

ラグビーと呼ばれる接着剤を吸うなどの違法行為を行っており、

アイスピックや刃物のほか、

通行人から盗んだATMカードや運転免許証などが押収されました。

浮浪児たちが暮らしいた橋は、

ガイザノモールや警察署のすぐ近くに位置していました。

副市長によると浮浪児たちは、

橋の下を隠れ家として違法行為を繰り返していたということです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


浮浪児たちは市の保護施設に移送され、

手続きを終えたあとに解放される見通しですが、

市当局は再び橋の下に戻らないよう、

警官などを配置して監視する方針です。

45 minors rescued in Banilad, Mabolo bridges



====================

けっこう年頃の女の子もいて驚きです。

いろいろな事情で両親から育児放棄された、

似たような境遇の子供たちが一緒に生活していたのかもしれません。

マニラ首都圏でも同じような子供たちが、

路上でスリなどを働いていますね。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム