フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

マニラ首都圏で二階建てバスの復活を検討


マニラ首都圏の渋滞対策で、

2階建てバスの導入を検討する動きが出ています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


幹線道路エドサ通りの渋滞対策を担っている、

国家警察のハイウェイパトロール・グループと、

首都圏開発局(MMDA)は、

下院議員が渋滞緩和対策として提案する、

2階建てバスの導入を真剣に検討しています。

2階建てバスを導入することで、

より多くの乗客を目的地に運ぶことができると指摘しています。

dbus1.jpg

2階建てバスはマルコス政権下の1980年代に、

すでにマニラ首都圏で導入された実績があります。

しかしそれはロハス大通りの観光目的で、

外国人向けに導入されたものでした。

現在もパサイ市にあるSMモールオブアジアなどが、

シャトルバスとして運行しています。

MMDA局長によると、

現在マニラ首都圏で約5千台のバスが運行していますが、

そのうち3400台がエドサ通りに集中しており、

2階建てバスが導入されれば、

道路の専有面積は同じで、

より多くの乗客を運べると指摘し、

導入に前向きな姿勢を見せています。

HPG, MMDA mull use of double-decker buses on EDSA

==================

良いアイデアかもしれませんが、

比較的短距離の客は、

面倒くさいので二階には乗りたくないでしょうね。

運賃を徴収する車掌も2階用にもうひとり必要でしょうし、

運行会社が導入を嫌うのではないでしょうか。

あとは暴走運転手が大事故を起こしそうで怖いです。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


[ 2015/10/05 11:00 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: