記事一覧

ノーベル賞受賞の米国人教授がマニラで永眠、病院が治療拒否、米国に帰る願い叶わず

マニラ首都圏に在住していた、

ノーベル賞受賞者の米国人教授が、

病気で亡くなっていたことが分かりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


10月10日に亡くなったのは、

2010年に医薬品や工業製品の製造に欠かせない、

有機化合物の革新的な合成法の開発で、

ノーベル賞を受賞したリチャード・ヘック教授(84)です。

ヘック教授はフィリピン人妻と一緒に、

2006年から首都圏ケソン市に住んでいましたが、

数年前から複数の持病に悩まされていました。

教授は2500ドルの年金で暮らしていましたが、

ノーベル賞受賞の2年後に妻が亡くなり、

かなり落ち込んでいたそうです。

heck1.jpg

親戚によると2013年ごろには肺炎が悪化し、

入退院を繰り返していました。

教授が雇っていた2人の看護師によると、

嘔吐を繰り返したため行きつけの市立病院に行きましたが、

未払いの治療費があったため治療を拒否されたそうです。

仕方なく公立病院に運ばれましたが、

そのまま衰弱して亡くなってしまいました。

看護師によると教授は、

米国に帰りたいといつも語っていたそうです。

教授と妻の間に子供はなく、

米国にも家族はいなかったそうです。

Refused admission to Manila hospital, Nobel laureate Heck dies

================

さすがフィリピンの病院ですね。

持病を持った高齢者が、

途上国で引退生活なんて言うまでもなく危険を伴います。

特にフィリピン人の家族が居ない高齢者の一人暮らしは、

いざというときに手遅れになる確率が大きいです。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム