記事一覧

サマル島の外国人拉致事件で、イスラム過激派がビデオを公開、人質が命乞い

北ダバオ州サマル島にあるリゾート地で、

カナダ人やノルウェー人など外国人3人と、

フィリピン人女性が武装集団に拉致された事件で、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


イスラム過激派と思われる犯行グループが、

ビデオを公開しフィリピン政府に要求を突き付けました。

ビデオが公開されたのは月曜日で、

ジャングルで拘束され地面に座らされた外国人の人質たちは、

自国の政府に対し、

国軍による砲撃の停止を、

フィリピン政府に働きかけるよう懇願しました。

3人の外国人が話しましたが、

フィリピン人女性は一言も言葉を発しませんでした。

背景には特徴的な黒い旗が掲げられており、

犯行グループはイスラム過激派のアブサヤフと見られています。

ビデオの最後には組織の幹部らしき人物が、

流暢な英語で攻撃を停止しなければ、

人質の解放交渉は行わないと政府に要求を突き付けました。

国軍は10月8日にホロ島で、

アブサヤフへの砲撃を行ったことを認めています。

ビデオ:Canadian Hostages Held By Abu Sayyaf

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ


===============

事件から3週間以上も人質の安否が不明でしたが、

ようやく進展があったようです。

しかしフィリピン政府はテロリストとの交渉や、

身代金の支払いなどはしないポリシーなので、

今後どうなるのかが心配ですね。

各国の大使館を中心に交渉が行われるのではないでしょうか。

以前にドイツ人が誘拐されたきは、

莫大な身代金が支払われたという噂です。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム