フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

マニラ市長選めぐり「老害戦争」が勃発、エストラダ市長がボクシング対決を提案


来年のマニラ市長選をめぐり、

早くも候補者同士の激しい舌戦が繰り広げられているようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


来年のマニラ市長選は現職のエストラダ市長と、

前回の選挙で敗北を喫したリム元市長の一騎打ちの様相を呈しています。

リム氏はすでに85歳の高齢で、

元大統領でもあるエストラダ氏も78歳となっており、

地元メディアは「老人戦争」と揶揄する有様です。

le1.jpg

互いに高齢なだけに健康問題が気になるところですが、

リム氏は「私はコラソン・アキノ元大統領の記念碑(マニラ市)から、

ニノイ・アキノの記念碑(マカティ市)まで歩くことができる」と主張。

エストラダ氏にジョギング対決を提案しました。

これに対しエストラダ氏は、

「そんなの軽すぎて老人向けだ」とやり返し、

ボクシングで対決しようと提案。

報道陣の前でシャドーボクシングを披露し、

「グローブなしでもいい」とリム氏を挑発しました。

Fitness challenge: Lim wants jogging, Erap suggests boxing

================

この2人はホセリサール記念碑の景観問題でも、

責任をなすりつけ合うなど犬猿の仲です。

リム氏はマニラ市長時代に、

歓楽街の締め付けを強化したことで知られ、

観光客で賑わっていた、

ベイウォークのバーなどの店舗を一掃した人物でもあります。

果たして市民は彼の復活を望んでいるのでしょうか?


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


[ 2015/10/16 23:50 ] 政治関係 | TB(-) | CM(-)
このブログの人気記事
ブログパーツ
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム