フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

刑務所で銃やドローンを押収、依然として収監者はやりたい放題の模様


重要犯罪者が収監されている刑務所で、

銃やドローンが押収されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


当局による摘発があったのは、

ニュービリビッド刑務所で、

刑務所内で銃撃事件が発生したことを受け、

収監者の共同部屋などで捜索が行われました。

その結果9丁の拳銃や350発の銃弾のほか、

カメラを備えスマートフォンで操作可能なドローンも押収されました。

また発見された金庫からは、

複数の金のネックレスや指輪が押収されたほか、

電波増幅装置や冷蔵庫、

薬物の取引を示すリストも発見されました。

銃撃事件では元看守のギャングメンバーが、

仲間に撃たれて亡くなりました。

敵対するギャングへの襲撃に関する話し合いで、

手榴弾を投げつける計画でしたが、

命じられたメンバーがこれを拒否して口論となり、

銃撃に発展したということです。

今年に入って同刑務所では、

持ち込み禁止のガジェットや武器の押収が続いており、

刑務所内で薬物の取引を続ける、

14人のギャングリーダーを隔離するなどの措置を行っていました。

Drone, guns, ammo seized at Bilibid dormitory



================

あんなでっかいドローンをどうやったら持ち込めるんでしょうか?

明らかに刑務所の看守が買収されていますね。

これでは刑務所じゃなくて単なるギャングの拠点です。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


[ 2015/10/24 11:00 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: