フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

【悲報】ソフトドリング税が導入か、1リットルにつき10ペソ増税【デブ】


フィリピンの下院議会で、

ソフトドリンク税の導入が検討されています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


下院歳入委員会はソフトドリンクへの課税が、

近く承認される見通しを明らかにしました。

課税はソフトドリンク1リットルにつき、

10ペソとなる見通しです。

課税対象となるのは炭酸飲料水や、

フルーツドリンク、スポーツドリンク、加糖されたお茶、

コーヒー飲料、エナジードリンクなど、

アルコールが含まれていない、

缶や瓶詰めのすぐに飲める飲料です。

sod1.jpg

ただし100%のフルーツジュースや野菜ジュース、

ヨーグルト、フルーツ味のヨーグルト、

食事の代用となる飲料、減量用製品、乳製品は除外されます。

しかし飲料産業団体からは、

「自然素材の高価な飲料を変える裕福層が課税から逃れる」

「喫茶店などで販売されるコーヒーや紅茶には課税されない」

などとして課税に反対を表明しています。

Soft drinks tax bill passed by House panel

==============

増税されれば大幅な値上げになりそうですね。

甘いソフトドリンクが大好きなフィリピン人ですから、

かなり大きな税収になりそうです。

ジョリビーやマクドドナルドのセットメニューも、

値上げされるされるかもしれません。

まずますフィリピンの食費が高いものとなりそうです。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


[ 2015/11/13 11:00 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: