記事一覧

支持率トップの大統領候補が驚きの失格、露骨な与党の妨害工作? もう裏の選挙戦は始まっている

このほどフィリピンの中央選管の第2小委員会は、

来年の大統領選に出馬を表明している、

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


グレース・ポー上院議員が、

候補者資格を満たしていないとして失格との判断を下した。

ポー議員は世論調査でトップの支持率を誇るなど、

最も大統領の座に近い候補者のひとりだっただけに、

中央選管の判断に衝撃が広がっています。

poe1.jpg

候補者資格で問題となっているのは、

ポー議員のフィリピン居住期間が、

10年に満たないということと、

赤ん坊のころに教会に捨てられていたという生い立ちから、

両親が共にフィリピン人かどうか判断できないという二点。

ポー議員は以前に米国籍を取得して米国に住んでいましたが、

現在はフィリピン国籍に戻っています。

ポー議員はこの判断を不服としており、

ライバル陣営による妨害工作だと主張。

中央選管に異議申し立てを行い再考を求める方針です。

Comelec division disqualifies Grace Poe

Grace Poe: Two rivals behind disqualification cases.

===================

すでに上院議員を務めているのに、

今更こんな根本的な問題が浮上するほうがオカシイですよね。

ポー氏に与党から副大統領候補として出馬するよう、

アキノ大統領が何度もラブコールを送っていたのは何だったんでしょうか?

<<今日の「フィリピン情報 注目記事」を見る>>

それを断った途端に浮上したのが国籍問題でした。

あのドゥテルテ市長も出馬を表明しており、

フィリピンの大統領選は混戦模様となっています。

関連記事
元孤児の女性大統領候補が、自分のルーツを探す理由


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム