記事一覧

【朗報?】空港タクシーにGPSとカード支払い端末の設置を義務付け

マニラ国際空港で運行が認可されるタクシーの条件が変更されたそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


このほどフィリピンの運輸通信省は、

これまで空港タクシーに義務付けられていた、

液化石油ガス(LPG)の使用を撤廃しました。

これにより業者の空港タクシーへの参入が簡単となり、

空港におけるタクシー不足の解消が期待されます。

この変更はすでに先月から有効となっています。

現在、空港が認可しているタクシーは615台が運行していますが、

LPGの供給施設が少ないなどの問題を抱えていました。

LPGを撤廃する一方で、

空港タクシーには車両の位置を特定し、

スマートフォンでの予約を可能にする、

全地球測位システム(GPS)と、

クレジットカードで支払いを行う端末の設置が義務付けられました。

現在、マニラ国際空港では、

タクシー不足に対応するためラッシュ時間に限定して、

未認可の一般タクシーの乗り入れを許可しています。

inquirer:NAIA taxis no longer required to run on LPG

=============================

空港タクシーのLPG使用はナンセンスの極みでした。

トランク内に大きなタンクを置く必要があるので、

荷物を置くスペースが少なくなります。

大きな荷物が多い客を乗せる空港タクシーには、

まったく相応しくない条件でした。

GPSに関しては大げさなものではなく、

単にグラブ・タクシーやウーバーのように、

アプリをインストールしたスマホを運転手に持たせるという話のようです。

専用のアプリを開発するのか、

既存のものを使うのかは不明のようです。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム