記事一覧

学校への近道に排水溝を通る子供たち、貧しく交通費の節約で

マニラ首都圏の貧しい居住区で、

驚くべき方法で通学をしている子供たちが注目を集めています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


ナボタス市の違法居住区で小学校に通う子供たちは、

交通費を使わず早く学校に通うために、

排水溝を通ることを強いられています。

しかし排水溝は極めて細く、

4歳から8歳くらいの子供たちが、

ようやく通れるほどのスペースしかありません。

子供たちは制服のシャツが汚れないように、

それを脱いでから排水溝に入って行きます。

それより大きな子供たちは、

排水溝の上に立っている高い壁をロープでよじ登り、

学校がある反対側に到達します。

このような険しい通学路を選択するのは、

ペディキャブを利用するために必要な、

15ペソから20ペソの交通費が払えないからです。

この地区にする多くの家族は無職で収入がありません。

交通費を節約するために、

ある子供は排水溝に入り、

またある子供は高い壁を登っているのです。

gmanetwork:Kids in Navotas pass through street canal to go to school



========================

この場所を通らないと、

大きな回り道になってしまうのでしょうね。

日本だったら自治体がなんとかするはずですが、

この国はすべて自己責任なので行政に期待するのは難しいです。

でもテレビで放送されたので、

もしかたら改善されるかもしれませんね。

せめてハシゴか階段くらい設置してほしいところです。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム