フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

マニラ空港から悪徳タクシーを駆逐せよ、上院議員が警告、美しい国の印象が悪化する


マニラ国際空港で横行する悪徳タクシー問題で、

上院議員が空港当局に改善を求めました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


アンガラ上院議員は、

「インターネット上で空港タクシーに関する、

たくさんの恐ろしい経験談が拡散している」と指摘。

外国人や現地観光客、海外労働者などが、

タクシー運転手に騙されたり、

料金の過剰請求の被害に遭っていると主張しました。

そのうえでアンガラ議員は、

「空港や陸運当局はこの問題について、

真剣に向き合わなければ、

フィリピンの観光産業がダメージを受ける」

と付け加えました。

アンガラ議員が上院観光委員会の副委員長を務めています。

ある空港利用客はターミナル2からマンダルヨン市まで、

イエロータクシーの運転手に1800ペソを要求されたと、

フェイスブックに投稿しています。

http://internet.blogmura.com/facebook/ranking_pv.html

さらに米国人観光客はマカティ市まで、

3200ペソを要求されたと主張しています。

通常のタクシーは初乗り運賃が40ペソで、

300メートルごとに3.5ペソが加算されます。

一方、空港タクシーは初乗りが70ペソで、

300メートルごとに4ペソが加算される仕組みです。

naiat1.jpg

マニラ国際空港で通常のタクシーは、

空港の出発客を乗せている場合のみ、

敷地に入ることを許可され、

空港から客を拾うことはできません。

アンガラ議員は、

空港タクシーの認可システムが、

利用客の保護のために機能しているのか、

空港当局は見直すべき時にきていると指摘しています。

「我々がいくら美しいフィリピンを紹介しても、

空港で嫌な経験をすれば観光客は二度とも戻ってこない」

とアンガラ議員は語り改善を呼びかけました。

Angara: Stop abusive taxi drivers in NAIA

=================

何を今更といった感じですね。

空港から認可を受けているはずのイエロータクシーが、

ボッタクリしまくりなのが問題で、

空港の認可システム自体が、

利用客の保護に役に立っていないことは明白なんですが、

いつまで経っても改善される気配はありません。

もう心配するまでもなく、

マニラ国際空港とタクシーの評判は、

地に落ちているのが現実です。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


[ 2016/01/12 23:50 ] 悪徳タクシー | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: