記事一覧

【逆ギレ】タクシー組合が過剰請求を正当化「上納金が高いのが悪い」→客に関係ねえよ

このところ相次いでいる悪徳タクシー運転手の問題で、

タクシー運転手組合が乗客に理解を求めました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


組合はタクシーの認可を司る、

陸上交通許認可規制委員会(LTFRB)に対し、

運転手がタクシーのオーナーに支払う、

「バウンダリー」と呼ばれる上納金を見直しを要求し、

さらに乗客に対しては、

運転手が追加料金を要求することへの理解を求めました。

組合関係者はタクシーのオーナーが要求する上納金は、

とても高すぎると主張しています。

上納金は運転手がタクシーを使用する際に支払うもので、

平均で1日1900ペソとなっており、

運転手はさらに2千ペソ近いガソリン代を自腹で支払う必要があります。

これらの支払いの残りが運転手の稼ぎとなっています。

このところ乗客が運転手に執拗に追加料金を要求されるトラブルが相次ぎ、

LTFRBに対応が求められています。

Cabbies’ group asks for understanding, regulation of ‘boundary’

Pangongontrata at paniningil ng Dolyar, reklamo sa ilang taxi driver sa NAIA

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

===============

稼ぎの少なさを客に転嫁してほしくないですね。

組合がこんな主張を平気で言っている状態ですから、

運転手の横暴が横行するのも無理はありません。

この国で自浄作用を期待するのはやはり無理なようです。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム