フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

キリスト教徒が「赤い神の軍団」を結成、ミンダナオでイスラム国の旗燃やし気勢


ミンダナオ島でキリスト教徒たちが、

イスラム過激派に対抗するため武装集団を組織しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


ミンダナオ中部では、

イスラム過激派のバンサモロ・イスラミック・フリーダムファイター(BIFF)が、

キリスト教徒の集落を襲撃する事件が相次ぎ、

多数の死傷者を出しています。

これに危機感を感じたキリスト教徒たちは、

家族を守るために「赤い神の軍団」を組織し、

BIFFに対抗する姿勢を打ち出しています。

赤い神の軍団は約300人で構成されており、

このほど山間部で結成集会を行い、

BIFFが忠誠を示している「イスラム国」の旗を燃やし、

徹底抗戦を誓いました。

red1.jpg

昨年12月にBIFFはスルタンクダラットにある、

クリスチャンの集落を襲撃し11人が犠牲になりました。

軍団の報道官は、

我々はただ農作業をしているだけなのに、

常にBIFFの攻撃に晒されていると説明し、

BIFFに対して立ち上がることを決意したと述べています。

国軍もパトロールをしていますが、

いつも近くにいるわけではなく、

武装することは仕方がないと話しています。

BIFFはキリスト教徒たちの土地を奪おうとしており、

軍団の報道官はアキノ大統領に、

この問題を解決するよう求めています。

キリスト教徒の農民たちは、

土地は政府が先祖に与えたもので書類も揃っていると主張しています。

また赤い神の軍団は、

防衛のために組織されたものであることを強調しており、

武器は政治家からではなく、

イスラム勢力のMILFにいるスパイから入手したと説明しています。

Christian civilians in Mindanao take arms to defend themselves against B.I.F.F.

ビデオ:Armed Christian group sets terrorist group's flag on fire

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

================

ちょっとややこしいですが、

BIFFというのはMILFから派生した分派で、

政府との和平に反対している集団です。

MILFはご存知のとおり日本政府も協力して、

フィリピン政府との和平交渉を進めていますが、

最終段階で上院議会が反対しており、

新しいイスラム自治区の設立に必要な基本法案の可決が難航。

アキノ政権下での和平達成は難しいとの見方も出ています。

もし次の大統領選で野党が政権をとると、

この和平交渉も白紙になる可能性もあり、

再び抗争が勃発することも考えられます。

ミンダナオの治安問題は一筋縄ではいきそうにありません。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


[ 2016/01/22 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: