記事一覧

【炎上】パッキャオが暴言「同性愛者は動物以下」、同性愛者から批判殺到、上院選に逆風

フィリピンを代表する世界的なボクシング選手で、

現下院議員のパッキャオ氏が、

爆弾発言し炎上状態となっています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


パッキャオ氏は複数のメディアを前に、

同性婚問題に関してコメントし、

「動物の世界でオス同士、メス同士が連れ添うのを見たことあるか?」

「女性は男性のために創られ、男性は女性のために創られた」

「そんなの一般常識だろ」

「もし同性同士を許容したら我々は本当に動物以下だ」と発言。

pac1.jpg

この発言に対し各方面から強い批判が巻き起こっており、

同性愛者を支持する比例代表政党の議員は、

「彼はいつも議会を欠席しているから、

同性愛者の問題にも無知なんだ」と痛烈に批判。

同性愛者コミュニティに対し、

上院選に出馬するパッキャオ氏への不投票運動を呼びかけています。

同性愛者が多い芸能界からも批判が巻き起こっており、

コメディアンでテレビ司会者など務めるバイス・ガンダ氏は、

「私たちは聖人じゃないけど動物じゃなくて人間です」

「パッキャオさんのために祈りましょう」とコメント。

ほかにも「彼には投票しない」、

などの批判的なコメントが寄せられています。

パッキャオ氏はフェイスブックで謝罪を表明しましたが、

炎上は収まりそうにありません。

パッキャオ氏は大統領選の有力候補であるビナイ副大統領と同じ政党から、

上院選に出馬する予定となっており、

世論調査ではその知名度を背景に当選圏内に入っています。

===============

フィリピンは同性愛者にとても寛容な国で、

バクラやトンボイと呼ばれる人々も、

それなりに市民権を得て普通に生活しています。

特に芸能界ではバクラが多く、

とても大きい影響力をもっており、

社会的にも無視できない存在となっています。

この発言で大きく支持を落とすのか、

それとも国民的ボクシング選手の人気は、

この程度の発言では揺るがないのか、

次の世論調査に注目です。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム