フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

日本人経営の射撃場を摘発、軍の横流し銃弾を使った疑い


セブ島にある日本人経営の射撃場が、

軍から横流しされた銃弾を使用したとして摘発されました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


摘発を行った国家捜査局(NBI)によると、

国軍の高官が外国人やバランガイ議長などに、

銃弾を横流ししていたことが、

潜入捜査官の働きにより突き止められたそうです。

この摘発でライセンスが切れた銃を射撃場で使用した疑いで、

バランガイ議長2人が拘束されました。

NBIは2人にライセンスを証明する書類の提示を求めていますが、

これに失敗した場合、銃の不法所持の罪に問われる見通しです。

また横流しを行った軍の高官も汚職の罪に問われます。

またバランガイ議長のほかに、

軍から横流しされた銃弾を使用していた、

射撃場「Target Zero Range Recreation」を経営する日本人を含む、
http://internet.blogmura.com/facebook/

9人が摘発で拘束されました。

sunstar:2 Lapu-Lapu barangay chiefs caught in raid

philstar:NBI seizes guns and ammo

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

===============================

横流しの銃弾かどうか分からずに、

購入していた可能性もありそうです。

なんか理不尽な摘発ですね。

偽ブランド品を知らずに買わされたら摘発されたみたいな…


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


[ 2015/06/30 23:50 ] 邦人関係 | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: