フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

【鬼畜】女医が妊婦を二度も追い返す「金がないならほかの病院へ」、最悪の結果に


マニラ首都圏の病院で診療拒否があり、

尊い命が失われたそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


ある男性がフェイスブックに、

妊娠中の妻がマニラ首都圏の病院で診療拒否を受け、

お腹の赤ん坊の命が失われた経験を投稿しました。

それによると2月19日に、

妻が腹部の痛みと出血を確認したため、

サントトマス大学病院に診療のために訪れたそうです。

ust1.jpg

同病院の医師はお腹の赤ん坊に、

まだ心拍があることを確認すると、

カップルに十分な所持金がないことを理由に、

公立の病院に行くことを勧めました。

その医師は同病院で受け入れるには、

2万ペソの前金が必要だと主張しました。

男性と妻は急いで別の病院に向かいましたが、

そこには保育器がないことが分かり、

藁にもすがる思いで再びサントトマス大学病院に戻りましたが、

医師は再び支払いの問題を主張し診療を拒否し、

イースト・アベニュー病院に行くように指示しました。

カップルは急いでイースト・アベニュー病院に行き、

直ちに手術が行われましたが、

すでに赤ん坊の心拍はなくなっていました。

なんとか妻の命は取り留めたそうですが、

時間的にかなり危ない状況だと、

担当の医師は説明したそうです。

男性はお金を優先し慈悲のない医師を強く非難し、

お金で失われた命は戻ってこないと嘆いています。

Father loses his baby after doctor allegedly turned them down due to lack of money

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

=================


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


[ 2016/02/25 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: