記事一覧

外国人が紙幣を間違いタクシーで10倍の料金を払う痛恨ミス、気付いて運転手に連絡した結果…

悪評ばかりが聞かれる空港タクシーですが、

中には正直な運転手もいるようです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


2月19日にホテルのスーパーバイザーが、

宿泊客のニュージランド人の男性にある相談を受けました。

男性は正午にマニラ国際空港から、

タクシーでホテルに到着。

疲れていたことからそのまま昼寝し、

午後6時頃に目を覚ましました。

そして財布を確認したときに、

タクシー運賃が700ペソのところを、

誤って7千ペソを支払ってしまったことに気付きました。

幸い男性は運転手から名刺を貰っており、

ホテルのスーパーバイザーに助けを求めました。

hbill2.jpg

スーパーバイザーが名刺の電話番号に連絡すると、

運転手は素直に謝罪し、

今ホテルに向かっていることを告げました。

運転手はホテルから約二時間の距離にある、

カビテ州に向かう客を乗せていたため、

戻るのが遅れたと説明しました。

ニュージランド人の男性は正直な運転手に感動し、

一緒に記念写真を撮ったということです。

Cab Driver Returned Extra Money After Passenger Mistakenly Paid Him P7000 for a P700 Ride!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

================

フィリピンの100ペソ札と1000ペソ札は、

どちらも青系の色で間違えやすいと当初から苦情が出ており、

最近になって100ペソ札の色を、

より濃いものに変えたばかりでした。

hbill1.jpg

やはりフィリピンのお札を見慣れない外国人にとっては、

混乱の原因となっているようですね。

同じようにKTVで酔っているときなど、

チップを渡すときに注意したほうがいいいかもしれません。

翌日に目覚めて財布の中身が減っていることに気付いても、

GROがこの運転手のように返却してくれるかは分かりません。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム