記事一覧

【自己責任】セブの日本人逮捕、「大使館は関与しない、支援は弁護士のリストを渡すだけ」

セブ市で未成年者と関係を持った日本人が逮捕された事件で、

フィリピンの日本大使館は、

事件に「関与しない」方針を地元メディアに明らかにしました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


規則から身元を明らかにすることを拒否したセブ領事館のスタッフは、

逮捕された日本人の男への援助は「法的支援」に限られ、

推奨される弁護士の紹介にとどまると説明しました。

「我々はセブを拠点とする弁護士のリストを渡した」

「どの弁護士を彼が選択したのかは分からない」

と電話インタビューでメディアに話しました。

このほど中部ビサヤを管轄する国家捜査局(NBI)は、

セブ市内のホテル内で15歳の少女と一緒にいた,

日本人の男「Morino」逮捕しました。

http://internet.blogmura.com/facebook/

男はデートサイトで少女と知り合いましたが、

プロファイルの年齢は19歳だったということです。

男は少女と2回関係を持ったことを認めていますが、

強要したことは否定しており、

彼女が15歳だったとは知らなかったと供述しています。

セブに1ヶ月の休暇にやってきた男は、

子供への虐待や人身売買などの罪に直面することになりました。

領事館のスタッフは現地に駐在した過去2年で、

このような事件にでくわしたのは初めてだと指摘し、

男への経済的な支援はしないことを強調しました。

逮捕された男は東京出身の元シェフで、

妻はすでにいませんが2人の子供がいるということです。

入国管理局は男の国外追放の手続きを始めていますが、

すでに事件が係属中となっているため難しいと指摘しています。

入管によるとセブには別の国外追放にしたい日本人がいますが、

同じ事情で棚上げになっています。

救出された少女は依然としてNBIに保護されています。

ソーシャルワーカーは子供たちのオンラインでの活動を、

両親はきちんと把握すべきと警鐘を鳴らす一方、

スーマートフォンが普及してから、

管理が極めて難しいことも認めています。

Nabbed Japanese ‘could only’ get legal aid from embassy

================

最近立て続けに日本人が似たような事件で逮捕されていますが、

監視と摘発を強化しているのかもしれません。

最近はネットで手軽にフィリピン人女性と出会うことができますが、

年齢など相手が主張する情報が、

正しいかどうかを確認するのは極めて難しいです。

最悪の場合、当局のおとり捜査である場合もあります。

よほど言葉や現地事情に精通している方以外は、

このような火遊びは控えたほうがいいかもしれません。

関連記事

今度はセブで日本人(69)を逮捕、出会い系で知り合った少女が未成年でアウト

首都圏で日本人を逮捕、少女を外国人に100ドルで斡旋、FBIがおとり捜査

↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

「フィリピンのニュースあれこれ」フェイスブックページ

ブログでは紹介できない現地ニュースも
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム