フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

【恒例】外国人女性が睡眠薬強盗、気が付いたらホテルで〇〇でした…


マニラ首都圏でまた外国人が睡眠薬強盗の毒牙にかかりました。

今度の被害者は女性観光客でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


被害者は首都圏を訪れてた29歳のフィンランド人女性で、

容疑者である3人のフィリピン人に睡眠薬を飲まされ、

財布の中の現金を盗まれました。

警察の調べによると女性が金曜日の午後4時ごろに、

マニラ市のイントラムロスを観光していたところ、

女に話しかけられて知り合いになり、

食事に誘われましたがそのときは断ったそうです。

しかし翌日に女性が宿泊していたマカティ市のホテルに女が再び現れ、

ケソン市にある女の自宅で昼食をとるこを余儀なくされました。

そして食事をしてビールを飲んだあと急に目眩を感じ、

そのまま寝てしまい2時間後に気が付いたそうです。

ビールはコップ2杯しか飲んでいなと女性は話しています。

そして女がタクシーでホテルに帰るよう提案し、

部屋で財布の中にあった8千ペソと、

150ユーロの現金がなくなっていることに気が付きました。

女性はケソン市警察に被害を報告しましたが、

女の自宅の位置を思い出すことができませんでした。

Finnish loses P15K to women who befriended, drugged and robbed her in QC

===============

宿泊していたホテルを教えてしまったのが失敗でしたね。

おそらく睡眠薬強盗のことも知っていて、

最初のときはやんわり断ったのでしょうが、

ホテルまで来られて断りきれなかったのでしょう。

被害額が少なくてラッキーでしたが、

念の為に財布には少額の現金だけ持って行き、

カード類はホテルに保管しておいたのかもしれません。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


[ 2016/03/15 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: