フィリピンのニュースあれこれ

気になったニュースをささっとお届け。フィリピン留学、英語、フィリピーナ、治安など。毎日更新

陸運局のクラッシックカー走行規制に非難、愛好家「ボロいジプニーの規制が先だろ」


フィリピンの陸運局(LTO)の新規制に非難が集まっています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


自動車愛好家に疑問視されているのは、

製造から40年以上が経過した、

クラッシックカー(ビンテージカー)の登録に関するものです。

コレクション目的で保管している車両も、

登録が必要がという内容で、

クラッシックカー専用のナンバープレートが発行される見通し。

しかしその規制の中で、

クラッシクカーは土曜日と日曜日、

祝日のみ走行が許可されるという走行規制が含まれ、

愛好家から非難が集まっています。

この規制は4月17日から有効となりますが、

愛好家のひとりは、

この行政命令が違憲であると主張し、

内容が適切かどうか公聴会を開くべきと指摘しています。

もして最も興味深いのはこの規制には、

なぜか公共車両や貨物トラック、

政府の車両などが含まれていないことです。

「ビンテージカーは歴史のアイコン的存在」

「この行政命令は歴史的なビンテージカーの保存を妨げる」

と愛好家は指摘しましています。

LTO now wants vintage cars to be used only on weekends and holidays

================

適切に整備されたクラッシックカーの走行を規制する一方で、

整備不良で事故を多発させているジプニーが野放し状態。

この写真はネットで出回っている規制の矛盾を指摘する写真です。

jeep1.jpg

以前に10年落ちのジプニーの営業を禁止する規制が検討されましたが、

業界の強い反対で撤回されました。

そもそもシプニーなんてエンジンなど中古の部品を使っているので、

実際の年式は20年とか超えている個体もあるでしょうね。

公害の元凶で規制が求められていますが、

関係団体の支持を失うことを恐れる政治家ばかりで、

誰も手を付けようとしません。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事


[ 2016/04/04 23:50 ] 一般ニュース | TB(-) | CM(-)
このブログの人気記事
ブログパーツ
最新記事
全記事表示リンク
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
検索フォーム