記事一覧

【選挙】フィリピンは投票日間近で非常事態、2日間の禁酒令を実施、ホテルでは飲める場合も

フィリピンの中央選管は金曜日に、

5月9日の投票日に伴う2日間の禁酒令に関して、

あらためて注意を喚起しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
↑読む前に1日1回の応援クリックお願いします


中央選管の報道官は、

投票日の9日の前日の8日は、

酒類の提供や購入は選挙法によって禁じられると念を押しました。

しかし禁酒令には例外もあります。

投票に関係ない外国人観光客が集まるホテルなどの施設は、

観光省からの正式な承認がある場合に限り、

酒類の提供が容認されます。

さらに候補者による選挙活動は、

投票日前日の日曜日は禁止となっていることも付け加えました。

選挙活動は土曜日の夜までで、

これを超えての活動は違反となり、

有罪となれば1年から6年の懲役のほか、

投票権の剥奪の可能性があります。

Liquor, campaign ban in force on Sunday

===============

年ためにアルコールを提供しないKTVも多いのではないでしょうか。

客の数が望めないので店を閉める店舗もあるようです。

いつもの禁酒令ですが、

これで暴力事件が減るのか疑問も多いところです。


↓ブログ村のランキングに参加中です。応援クリックお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
関連記事

スポンサードリンク

このブログの人気記事

ブログパーツ

検索フォーム